Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■京都の猿山、夏の名物
IMGP6065.jpg
タイトルにありますように、名物があるらしいのです。
話には聞いてたのですが、実際に観ることが出来たのは今回初めてでした。

IMGP6016.jpg
京都の猿山は擬岩で作った「山」ではなくて、金属パーツでくみ上げられた構造物です。
下には池があって、暑いときには猿たちもつかったり、潜水したり泳いだり。

IMGP6025.jpg
その池を見下ろしている子がいます。

IMGP6029.jpg

IMGP6030.jpg
                                   あっ

IMGP6032.jpg
                               「跳びよった……」

意外とみんな冷静ですが、観てるヒトの方は大興奮。

IMGP6037.jpg
IMGP6038.jpg
IMGP6039.jpg
IMGP6040.jpg
IMGP6041.jpg

追ってもう一頭も続けて…

IMGP6049.jpg
IMGP6044.jpg

何回も何回も飛び込んでおりましたが、よく見ていると若い2~3頭が繰り返しジャンプしてるようでした。
段々エキサイトしてきてあまりにキャッホーイ走り回り飛び込みまくりなのでしまいに大きな大人の猿が一喝して
終了となりました。


動画でもどうぞ。

しかし暑い日(この夏のピークだったかと、しかも京都)だったのでジャンプ、思わずいいなーと思ってしまいました。

IMGP6054.jpg
下にいる子たちもわりと冷静。「あ、箱が(勢いで)流れてきた。」

スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■京都でワオ
waobabieskyoto6.jpg
京都市動物園ワオキツネザル母子。
お母さんのルナさんと、2010年4月6日生まれのポンカン・キンカン。

waobabieskyoto2.jpg
目の色がオレンジなのがポンカンで黄色いのがキンカンとのことですが…。
小雨~曇りの日で微妙な色はちょっと。(ガラスの映り込みが少ないのはありがたいけれど。)

waobabieskyoto1.jpg
奥にいるのは同日生まれのハッサクとお母さんのライチさん。

waobabieskyoto4.jpg
わっさー

waobabieskyoto5.jpg
全員で扉にとりつく。この扉を開けて飼育員さんが入ってくるのが待てないようす。
しかしそれでは逆に入りにくいのでは…。

waobabieskyoto7.jpg
ルナさんはたいへんそうですが、双子がお母さんにしがみついてるさまはとてもカワイイです。

waobabieskyoto8.jpg
カワイイのですがやっぱり大変そう。お母さんのおっぱいも大きく腫れてるのが見えておりますね。

waobabieskyoto3.jpg
そして、時々は単独行動も。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ごめんやしておくれやす
kyoyabi1.jpg
京都市動物園のヤブイヌペア・ケンタとコモモに2月9日、赤ちゃんが誕生!
お名前は…

kyoyabi2.jpg
公募にて決定した「京都らしい」名前!
初めて見たときの衝撃はいまでも忘れられません。そして一発で覚える。
ヤスはまだいいとしてどすえちゃんて。嫌いじゃないですが。
まあ、やすも、「この柱囓ったのどの子だ」「犯人はヤス」みたいな使われ方をしてしまう恐れが。


動画。てけてけ歩いてるだけなんですけど、カワイイ。
生後4ヶ月半経っているので、ちびたちもだいぶヤブイヌです。
毛色が黒くて小さいのでまだ区別がつきますが、すぐにわからなくなりそうです。

kyoyabi3.jpg
ヤブイヌの群れ全体に言えるらしいのですが、基本集団行動。それも走るときはみんないっしょ
なんか遊ぶときもみんないっしょ…

kyoyabi4.jpg
ねるときも…

kyoyabi5.jpg
みんないっしょにうつらうつら。
そして突然スイッチが入ってひとりがとびだすとみんなも追いかける。
ひとしきり走り回った後とつぜん団子になってうつらうつら……。
ちなみに群れの形態はオオカミと同じパック。優位オスと優位メスが中心。

そして彼らはカピバラの強敵のひとつでもあります。集団で狩りをする動物で、趾の又の間には水かき。
水と岸から挟み撃ちにしてきます。


夕方のゴハンタイム。
kyoyabi6.jpg
飼育員さんの持つバケツに熱い視線を送っているのはケンタ。
現在、ケンタ・コモモ・ちび2頭それぞれ別々に食事を与えているのだそうです。

kyoyabi7.jpg
その原因はこのケンタ。
全員を同じ食卓につかせると、ケンタがたくさん食べてしまって、
その結果太り気味になってしまったからだとか。

お父さんてば………

kyoyabi8.jpg
このとき食べているのはナマの馬肉と鶏頭。
食べ終わったら家族を分けていた鉄の扉がはずされ、一家合流。
ケージ内を全員が走り回ってなにか残っていないか探す探す。

kyoyabi9.jpg
京都市動物園、基本的に古い施設なのでケージの網目がたいへん細かいのです。
こちらはその対策として設置されたコの字型のトンネル。
ここを、たとえばエサに釣られて走ってくれるとより近く、
よりクリアに見ることが出来るというスグレモノです。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■オメデタ!!
kyotoyabiborn2.jpg
本日2月9日に京都市動物園のケンタさん(オス)とコモモさん(メス)の間に赤ちゃん誕生!


絶滅危惧のヤブイヌ赤ちゃん誕生 京都市動物園で3匹(47News 2010/02/09 20:24)

京都市動物園(左京区)は9日、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで
絶滅危惧種に指定されているイヌ科の「ヤブイヌ」の赤ちゃん3匹が生まれたと発表した。

市動物園によると、ヤブイヌは同園のほかに東山動植物園(名古屋市)と
よこはま動物園ズーラシア(横浜市)で飼育され、赤ちゃん誕生はズーラシアに次ぎ2園目。

いずれも体長は約20センチで性別は不明。親子は巣箱におり、赤ちゃんがそばから離れようとすると、
両親が連れ戻すなど元気だという。
10日から巣箱前に液晶ディスプレーを設置し、中の様子をビデオ映像で公開する。

ヤブイヌはブラジルなどの森林に生息。ずんぐりとした体形で、成長すると60~70センチになる。




うっひょおおおおおおっ!
大興奮!

kyotoyabiborn1.jpg
ヤブイヌの妊娠期間は70日ぐらいだそうです。
これを撮ったのが12月6日。64日前ぐらい?
つまりこのときにはお母さんのオナカの中にすでにいた…

………って単純に計算していいのかな?

モニターでなく直接公開はいつですかーーーーーっっ




テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■京都のサル島、親子たち
kyoto_akage1.jpg
いわゆる猿山ですが、京都市動物園のはサル島。
平和な一族ではありますが、ボスやオスが大声を上げたり激しい動きをすると…

kyoto_akage3.jpg
バッと母親の腕に飛び込むおちびたち。お母さんも腕をこのように。

kyoto_akage5.jpg
こちらでも「なになになんなの!?」みたいな親子(中央)と
毛づくろいに集中しててまったく気にしてないオトナ。

kyoto_akage2.jpg
                         「ん?なんぞあったん?」

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。