Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■動物たちの秘密基地
torus_kufu1.jpg
トリアスにて。三輪車?のパーツとベルト、これは何なのかと申しますと…

torus_kufu2.jpg
ベルトに取り付けられたペットボトルのフタ(矢印)。
ここに園内で売られているカリカリを乗せ、ペダルを回すと…

torus_kufu3.jpg
アカハナグマさんのお皿に届けられるという仕組み。
背のたりないお子様でもアカハナグマさんにカリカリをあげられますという工夫。
ちなみに手と爪が長いので、お皿の一番遠い位置に落ちても大丈夫です。

torus_kufu4.jpg
こちらもアカハナグマさん用。右の透明アクリルパイプの中にカリカリをコロコロ流すと
下でアカハナグマさんがキャッチ!楽しいです。
ちなみに左の子は草を狙って凄くがんばっていますが、
手の届く範囲の草は伸びる端から食べ尽くすのでガンバリの割に効が少なさそう。

torus_kufu5.jpg
カピの上空に見えるトンネルもアカハナグマさん用。

torus_kufu6.jpg
空中散歩。最初に紹介したベルトコンベヤー給餌装置のあるお部屋と
流しカリカリのあるお部屋とをつないでいます。

torus_kufu8.jpg
マレーヤマアラシ、チチさんとムスメ用装置はパチンコ方式。
よく出来ています。ここでもペットボトルのキャップを重要なパーツとして使用。
展示スペースの「箱」も枕木で手作りしたものだそうです。
木製なのであちこち囓られ倒されてますが。
しかしふたりとも見事な丸太っぷりですな。

torus_kufu9.jpg
園内の展示スペースはとにかく手作り手作りの嵐。
壁は園芸用の……なんていうのか知らないけれど、園芸用のアレ。
プレさん展示場は、植え木を囲む丸いベンチの中をガラス窓で囲って
土を盛ってあるという。

torus_kufu7.jpg
なんだか、「ひみつきち」っぽい動物園だったのでした。



スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■コバタンさんのお食事
batan1.jpg
笹。葉っぱ一枚一枚丁寧に囓っていきます。

batan2.jpg
キャベツいかがですか?

batan3.jpg
ふんふん、まあ、悪くないわねえ

batan5.jpg
ミカン、うまーーーーーーっ!

batan4.jpg
超ウマーーーーーーーーーーーーーっ!!!

batan6.jpg
実家でむかーし祖父がオオバタンを飼っていたのですが
いつも鳥かごのフタをとめているハリガネをくちばしで器用にはずして
鳥かごの外にとまっていました。よく喋ったしおとなしいかったし
バタン系(という表現で良いのか?)はかしこくてカワイイイメージです。

その子が亡くなったあとにやってきたのがベニコンゴウインコ。
でかいわ騒ぐわ威嚇するわの大暴れ。
おかげでコンゴウインコはいまでも少し苦手です。
フライングバードケージなんかでも警戒してしまいます。
しかし、姫センのカピ小屋の上が
コンゴウインコの定位置になっているんだよなー……。

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■ヤマアラシにゴハンをあげてみよう
chichi005.jpg
なんだかんだで更新が滞りがちですが、ようやくトリアスのマレーヤマアラシ母娘に
ゴハンをあげますよ!



ヤマアラシはゴハンを食べるとき、腹ばいになって、手…というか前肢、
なんか短い前肢で押さえて食べます。たまらん。
四つ足動物が手を使う姿はズルいです。
その場で食べるのではなく、ちょっと「持ち帰る」のもなんかカワイイ。chichi015.jpg


chichi004.jpg
芋をくわえたまま室内をぐるぐる走り回るムスメ。
ネズミだ…。盗人ネズミっぽい…。

chichi003.jpg
トリアスの子はバイオパークから出張している子たちなので、
いまは長崎バイオパークに戻っていると思うのですが、どうなっているかはわかりません。
ヤマアラシの群れについてはよく知らないので、チチさんやムスメが群れに入っても
受け入れてもらえるようになるのか、不明です。女子だからまだ大丈夫かなあ。

馴染んでいてもチチさんならすぐわかるかなあ。
いるとわかっても、他の(慣れていない)個体がいるヤマアラシの展示場に
手を差し入れる勇気はないなあ。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■足をバンバン、針をシャカシャカ
chichi012.jpg
トリアスのマレーヤマアラシ母娘。
娘にとくに名前はないそうですが、(なので「ムスメ」と呼びます)
母の方は「チチ」だそうです。チチとムスメ。母と娘なのに。

「母親の方がチチです」と飼育員さんに聞かされたときの脳内の混乱は
文章にすると伝わりにくいのがはがゆいです。
あ、もしかしてお父さんの名前が悟空だった?毛が立つし。(知らんけど。)エボリューション。

見分け方はチチさんの方が、毛が全体的に少し白っぽいところ。

chichi013.jpg
後ろがチチさん。針先が当たっているけれど、別に痛くないらしい。

さて、なぜこのふたりが(特にチチさんのほうが)ひとなつっこいかという話。
ナデナデしている動画で大久保さんが話していた内容で何となくおわかりかと思いますが
生まれてすぐの母親の育児放棄で瀕死状態になっていたところを保護されたそうです。
他のヤマアラシに指先を囓られてしまい、いまでもチチさんの手の指は何本か
先がありません。
もう、誰もがダメだろうと思いながらも、飼育員さんが交代でおうちに連れて帰り
一生懸命お世話をしたおかげでチチさんは無事に帰ってくることが出来ました。

そういう事情なので、チチさんは無条件にひとなつっこいのですが
ムスメには少し野生っぽいところもあります。
口元に手をやるとチチさんはペロペロとなめてきますが(舌は薄くて短い)
ムスメは甘噛みですけど、歯を立ててくるのです。
本気で噛んだらエラいことになるので(指先の感触ではなぜか爪切りの刃の鋭さを思いだす)
これは甘噛みなんですけど、それでも少し痛いのです。かわいいんだけど。

chichi014.jpg
これは怒ったり警戒してるのではなく、のび~~~をしているところ。
のび~をする→筋肉に力はいる→毛が立つ……といったところらしいです。
めくれたスカートと、その下にはドロワーズ的な姿に見えるのはなぜ。


夕ご飯まえの大興奮。速い速い。ゼンマイで動いてるんか君らは、みたいな動きです。
あと、足バンバンが見られます。
うさぎっぽいですが、足バンは、敵を前にした時の威嚇動作のひとつでもあります。

chichi011.jpg
前回予告したゴハンあげは次のエントリで。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■カピバラエンジン、存続の危機!
chichi001.jpg
物騒なタイトルで申し訳ない。
5月6日に閉園してしまったトリアス久山の、マレーヤマラシ母娘。
chichi006.jpg
過去2回、「カピバラ」エンジンがあやうく「ヤマアラシ」エンジンに転びそうになったことが
ありまして、
1回目は、東武動物公園でたくさんのアフリカタテガミヤマアラシを間近で見た。
2回目はやはり東武でちびちびヤマアラシを見た。

そして今回のは3回目にしてそして最大の危機であったのです。

トリアスでは自販機で野菜が売られていて
カピバラだけでなくいろいろな動物にあげることが出来ます。
長崎バイオパークと同じですが、バイオパークでは
実はマレーヤマアラシにはゴハンをあげることが出来ません。
それがココでは出来たのです。まずそこでクラクラ。

chichi007.jpg
ゴハンをあげるようすはまた次のエントリで話しますが、
それだけではまだヤマアラシ道への急階段を転がり落ちかけそうになって
ようやく踏みとどまった…てな展開には陥りません。



危機を迎えた原因とは…





chichi002.jpg


chichi009.jpg


chichi010.jpg




ヤマアラシ、おさわり可☆ 





こここ、これにはやられました。
あの警戒心が強く臆病なヤマアラシがひとなつっこい!!!!
撫でるとむっふーんとなる!!!
手をペロペロなめる!!!!!!


動画。動画の前半は飼育員さん(大久保さん)後半はトバリ・カワセがナデナデしております。

トリアスへ行ったヒトのレポはあちこちで拝見しましたが、たいがいがカピバラ中心で
ヤマアラシ母娘に触れたものがほぼ皆無だったというのもあって
現地ではげしく衝撃を受けてしまいました。かわいすぎる。
しかもトリアスにいたときも、他にあまり興味を示す人もおらずこのカワイイ母娘を寡占状態。
ヤマアラシは夜行性なのでほとんど眠っているのですが
起きているのを見計らったらゴハン持って突撃、そしてナデナデ!
ちなみにヤマアラシの針はお尻部分のスカート状になった部分に集中しているので
上半身は安全、そして首もとは少し毛が薄く、軟らかいのです。

間近で見られる・カワイイ・ゴハンあげられる・おさわり可。

この誘惑にコロッと転ばされかけたというのがどれほどの方にわかっていただけるかは
わかりませんが、トリアス閉園でなければ、アッサリッコロリとマニアック道へ
走って行ってしまったかも。

ちなみに第4の危機が来るとしたら、王子動物園のリュウキくん・ムムさん
赤ちゃんが生まれた時だと予想されております。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。