Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■須磨水族園のマスコット名称決定!
ikaru2.jpg

こちらでもネタにしましたスマスイこと神戸市立須磨海浜水族園
着ぐるみイルカマスコットの名称が決定いたしました。

北海道から沖縄まで2,518通の応募の中から決定したのは

          青いの=スマッピー
         ピンクの=ピンキー
         グレーの=ウィンキー



だそうです。これからスマスイを盛り上げるべく活躍してくれそうですね
頑張れスマスイボランティアスマッピー・ピンキー・ウィンキー!

ところでトバリがどういう名前で応募したかと申しますと…

ikaru.jpg


すいません、笑いナシでフツーに考えてしまいました。
応募箱前でひらめいたので、余裕がなかったんじゃないかなあと
思います。


スポンサーサイト

テーマ:ご当地キャラクター - ジャンル:趣味・実用

■ティガくんとユーカリ
tiga1.jpg

続いてモミジさんのお隣の部屋にいるのが、やはり昨年やってきたオス、
2006年5月10日生まれのティガくん。

tiga2.jpg

お父さんはやはりモモジで、お母さんは埼玉県こども動物自然公園
「メイ」さん。

ゴハンのユーカリは止まり木にセッティングされています。
ユーカリはもちろん業者から納入されるわけですが、それだけでなく
王子動物園内でも何本か木を育てています。コアラ舎のすぐ横に
立っている巨木がそれ。また、別の場所にも…

tiga4.jpg

すでに刈り入れが進んでいますが、ここはカピバラ・アリクイ舎と動物
科学資料館の間の植え込み。その存在につい最近まで気づきません
でした。

tiga5.jpg


tiga3.jpg

コアラ舎の裏で出番を待つユーカリの枝。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ねむねむモミジさん
momoizi1.jpg

昨年12月、多摩動物公園から王子にやってきたモミジさん。
2006年5月29日生まれ、2歳の女の子。
お父さんは、昨年2月に亡くなった名物コアラのモモジさんです。
繁殖が難しいと言われるコアラにあって秀でた生殖能力を買われ
多摩、埼玉県こども動物自然公園、淡路市ファームパークに
ブリーディングローン(繁殖のための貸し出し)され、あわせて
5頭の子供をもうけたその活躍っぷりは、スポーツ新聞が下世話
な切り口で記事にしたほど。

momoizi2.jpg

お母さんは多摩動物公園の「ミリー」さん。
モミジさんの名前は一般公募らしいけれど、お父さんお母さんの
名前をうまく組み合わせ、無理なくかわいらしいくて秀逸ですな。

momoizi3.jpg

動画「コアラ「モミジ」の命名式開催
zoonetの動画は非常に重たいんですが、モミジさんの赤ん坊
時代が観られます。

momoizi4.jpg

コアラ舎(施設配置図を見ると、正式にはなんと、「アイドル動物
舎」という名称です。)入って最初に会えるのがこのモミジさんです。

それにしてもよく落ちないもんだなー。

動画「ねむねむモミジさん」



BGMは閉園の曲ですが、妙に合ってておかしい。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■キャンパスの猫
noracatz23.jpg
そ~っとじりじりと忍び寄り…

noracatz22.jpg
ガッ!つかまえた!!

noracatz21.jpg
すでにお亡くなりになっている虫さんですが、このアメショー
さんにとってはドキドキものの冒険なのでしょうか。
ところでここはどこなのかと申しますと…
noracatz24.jpg
神戸女子大学教育センターのアプローチです。神戸モスク
(回教寺院)のお隣り。客観的に見ると、玄関の鉄格子の
スキマからズームレンズで女子大を撮影する男、日暮れ
時。自分でもあやしすぎです。

ところでこの後、トアロード界隈のオサレな雑貨屋さんや服
屋さんを二人で回ったのですが、途中、えらく鼻がズルズル
言い出したトバリ。ウチへ帰る前には直っていたので風邪で
はなさそう。もしかしてオサレなモノに対してアレルギーです
かワタクシ?オシャレギーだとでもいうのか!?



テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

■気になるアイツ
noracat1.jpg

気になるのだニャ。

noracat4.jpg

アイツも去り、ようやくひといき。

noracat5.jpg

こんどはオマエがめざわりニャ。

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

■サバンナテラス/姫センゴーゴー10
safari080.jpg

群衆の中のキリンの顔。こういう写真が撮れると妙に嬉しい。

safari082.jpg

首の筋肉がくっきり。食い込んでいるフェンスが痛くないかな。

safari081.jpg

ここはウォーキングサファリの終着点です。ドライブスルーサファリの
草食セクションに突き出た形の展望台です。(これを逆から見た状態。)
ここからスカイサファリというロープウェイがウォーキングサファリの出発点である
駐車場まで通じていて、来た道をさかのぼらなくても帰ることが出来ます。

ということで長々やってまいりました姫センレポートは終了です。

safari077.jpg

なんかカワイイ図。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■アフターホワイルクロコダイル
wani1.jpg

王子動物園・太陽の動物舎のナイルワニ。
全長3~5メートルが普通だが巨大なモノは7メートルに及ぶと言う。
英名ではナイルクロコダイル。アリゲーターではなく、危険な方のワニ。
食糧は大型哺乳類。もちろん人間だって遠慮なく襲う。

wani2.jpg

素敵な歯並び。ニヤリと笑っているような口、常にこちらを伺うような目
その目も笑っているかのよう。こいつはヤバいぜ、という空気がプンプン。

wani3.jpg

遠慮なく襲う。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ウォーキングアベニューの猫/姫センゴーゴー(9)
safari079.jpg

”ウォーキングアベニュー”ではホワイトタイガーの子供と
ホワイトライオンを見ることが出来ます。

safari071.jpg
                               ねこーー

safari073.jpg


safari072.jpg


safari075.jpg

ホワイトタイガーさんはホントに白く、神の使い扱いされる
のも納得ですが、ホワイトライオンさんの白さは控えめ。
しかし色が薄いと言うだけでかなりかわいさアップ。

safari074.jpg

左から「ニッキ」「オジー」「ヤヤ」「ペイジ」「フロー」



ライオンさんの動きだけでなく、手慣れた解説をしてくださる
飼育員さんのお仕事っぷりにも注目。色が薄いというだけで
かわいく見えたわけではなかったのですな。

動画のラストでみんなが食らいついているのはコレ↓です。
safari076.jpg

一頭に一羽なのですが、動画にありますよう、ひとりが二羽
取ってしまっています。食べ損ねた一頭になんとかあげようと
鶏をぶら下げつつタイミングをはかる飼育員さんと、うしろで
もう一羽せしめようと狙う別の一頭との攻防があったのですが
時間がなくて結果を見ずにその場を離れるハメに。

しかしこうやって単独で見続けていると本来のライオンの色を
忘れて「白い……かなぁ?」と思うようになってきます。
確認のため、スタンダードカラーのライオンさん(王子動物園)を
見てみましょう。

lionnormal.jpg


あ、白いわ。






テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■アフリカン広場/姫センゴーゴー8
safari069.jpg

アフリカゾウさんの後方に見えているのは、望遠なので道幅が狭く見えていますが、車道です。
ドライブスルーサファリの大型草食セクションをウォーキングサファリから望みます。

safari070.jpg

ここにもオヤツ自販機があります。
ヒトと比べて見ると、まだそんなに大きくないゾウさんですね。

アフリカゾウ、耳の大きさだけでなく、頭や背中の形など、
アジアゾウとはっきり体型が違いますね。

参考。アジアゾウ。ズゼ(メス)マック(オス)@王子動物園
zuzemac.jpg


safari068.jpg

ミナミシロサイさん。

safari067.jpg

子供。ウォーキングサファリから間近で見ることが出来ます。
大人に比べるとお肌がきれい。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■クジャクさん春のアピール
peacock1.jpg

女性のグッとくるさまを追求したあげく過剰な姿になった鳥。
その特異な姿はダーウィンの昔から進化論のわかりやすいサンプルのひとつとして、
語られてきました。しかし実際にはこの巨大な装飾のどこに女性がグッときているのか
確実なところはわかっていないそうです。

peacock3.jpg
              「なんだなんだありゃなんだ」

シチメンチョウさんもビックリ。
いや、シチメンチョウさんも不思議な進化をしてきたことにかけては
たいがいです。見栄が少しジミなだけで。

peacock4.jpg

鳥の羽は軽いとはいえ、これだけパーツ数が多いと重さも半端ではなさそうです。
この重い装飾をきっちり保持し波打たせるコトが出来るオスは
強い筋力とたくましい体の持ち主であるという点にグッとくるのかも知れません。
じゃああの模様と色彩はなんなんだと。



一羽がガンバリはじめると、メスがそばにいないもうひとりのオスも
対抗心が燃えるのか、羽を拡げました。

peacock5.jpg

通信しあってそう…

さらにシロクジャクさんも。
peacock6.jpg


でも…
peacock8.jpg


peacock9.jpg

なにかちょっと間違っちゃいませんか?



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■第2フライングケージ~カンガルー広場/姫センゴーゴー7
safari056.jpg
とりあえず次へ移動しようとドアをくぐると…

safari057.jpg
行く手に謎の物体が!

safari058.jpg
                                     それはわたくしです。

いったい誰にアピールしようとしていたんでしょうか。

第2フライングケージは第1に比べて小さく、動物の数も控えめです。

safari059.jpg
プレーリードッグさんのぼこぼこ穴。
小さい穴がたくさん空いてるさまって怖くないですか?

safari062.jpg


safari060.jpg
続いてカンガルー広場。広場というか、半分ぐらいは坂になっています。

safari061.jpg


safari066.jpg
カンガルー広場ですが、ここの主役は小さいカンガルー・ワラビーさんです。

safari065.jpg


safari063.jpg


safari064.jpg
ロウバシガンさん。
市原ぞうの国や長崎バイオパークにもいる、クチバシの質感が特徴的な鳥さん。
かわいらしいお顔なんですが、気性が荒いせいなのかバードケージではなく
専用の小屋にいます。

動画集。ウォーキングサファリで撮った動物たち詰め合わせ。




テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■身軽なものたち、第一フライングケージ(2)/姫センゴーゴー6
safari042.jpg
僕は、新世界の猿になる!

…すでに新世界の猿ですが。

safari052.jpg

ここのリスザルさんは見た様子ではイタズラ好きとは見えませんでした。
警告もあるし、時期とか相手によるのかも。

ワオキツネザルさん、さすがのかわいさ。
safari037.jpg


[READ MORE...]

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■GW最終日、王子
ozirenkyu02.jpg

桜の時期とはうってかわって濃い新緑。
じっと見れば、目の奥をじんわり刺激されるような心地よい感覚。

そしてスマスイのみならずやっぱり王子動物園にも行ったのね。

ozirenkyu05.jpg

ホッキョクグマのそばにあったスズカケ。旅の衣は~スズカケの~~オオ♪の篠懸の語源となった実。
安宅の関のおかげで、プラタナスという響きとスズカケとが一致しません。

たーびーのこーろもーは~~プ~ラ~ターナースーウウ♪…ありえない。

この時期の動物園の、そして特に王子動物園でのベビーラッシュといえば

ozirenkyu03.jpg

6日の時点で孵化したヒナが2羽、ふたりとも元気に歩き回っています。
孵卵中の卵が8?個(ウロ覚えです:)

ozirenkyu04.jpg

クチバシがまだ普通のトリっぽく、らしくないのですが
生まれた直後からもう足はすでにフラミンゴ。


以前もさもさだったシンリンオオカミのクイーンさん。
だいぶ…
ozirenkyu01.jpg
すっきりしてきましたが、まだちょっと…
ああああブラシでガシガシしたい!

この後行ったハンズのペットコーナーでごっそり取れる!と書かれた
犬用ブラシを持ったまましばしたたずむワタクシ。もちろん脳内では
クイーンさんとの素敵なアブァンチィウゥルを繰り広げているわけでございます。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■連休の人出
みなさま連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。
気候もお日柄もよく、子供の日をはさむという時期、動物園や水族館、遊園地は
それはもう混んで混んで仕方がないだろうと思います。

どこへ行ってもヒトばかり。わざわざこの時期そういうところへでかけなくても
我々など普段から動物園水族館には行っておりますので
この時期にわざわざ行かなくても、ねえ。

sumarenkyu1.jpg

というわけでこれが5月4日の須磨海浜水族園(スマスイ)のイルカプールです。
後方の通路まで立ち見があふれてぎっしりです。

…行ったんかーい。

というツッコミはさておき
今回行ったのは年パスの更新もありましたが、メインはこちら。

sumarenkyu3.jpg




ピンクのイルカさんのポーズがはばタンの「かわいいポーズ」っぽいのが
気になります。

sumarenkyu2.jpg

超ゆるい新マスコットキャラの撮影イベントがGW期間中開催されておりました。
スマスイといえば神戸市環境局のワケトンでもおなじみ(地域限定)の
the rocket gold starさん(山崎秀昭さん)によるイラストがすぐに浮かびますが(地域限定)、
今回はあえて違う路線を採用したようです。
特に難しいひねりはなくストレートなかわいいキャラです。
お風呂で遊ぶオモチャ(モーター内蔵、ヒレをばたつかせて進む)みたいです。

さて、新キャラクターといえば…

sumarenkyu4.jpg

お名前募集~~!

今回は3匹まとめての応募です。
何も考えていなかったのですが、応募箱の前でフト思いつき
けっこうよさげじゃないかと思ったので書いてきました。
採用されちゃったらどうしようウフフ<妄想です。

sumarenkyu5.jpg

ところで応募箱の前で記入していた女性がツレの男性に
「ねえ、”しゅうちしん”の”しゅう”ってどんな字やったっけ?」と聞いていたんですが
彼女はいったいどういう名前をイルカにつけようと思っているんでしょうか?


テーマ:ご当地キャラクター - ジャンル:趣味・実用

■試験的エントリー・立体写真集
いま3Dが熱い!(たぶん)

デジタル3Dシネマによる作品が続々と公開されたり
(アンジェリーナ・ジョリーのないすばでを立体視させるために
作ったとしか思えない「ベオウルフ」など)
むかーしはやった、目がよくなる3Dも復刻、また試験的ではありますが
立体テレビも開始…というわけで、ということではないのですが
実はむかしーから3D映像には興味があったワタクシです。

凄そうで微妙にチープな感じがたいへん好きなのであります。

ちなみに写真だけでなく独自で裸眼立体視(または赤青めがねで)出来る
絵の作り方のコツも完成させております。完成って、まあ、そんな大層なコトでも
ないのですが、ものすごくめんどくさい。なので絵のほうはまたの機会に。

とりあえず写真!
平行法・交差法それぞれご用意いたしました。以下からどうぞ。

平行法
ichiharacapy3d_heiko001ss.jpg
 
交差法
ichiharacapy3d_kousa001s.jpg

ichiharacapy3d_kousa001m.jpg

ichiharacapy3d_kousa001l.jpg


平行法
ichiharacapy3d_heiko002s.jpg
 
交差法
ichiharacapy3d_kousa002s.jpg

ichiharacapy3d_kousa002m.jpg

ichiharacapy3d_kousa002l.jpg


平行法 
3d1heiko.jpg

交差法
3d1kousa.jpg


平行法
pokapoka3d_heiko.jpg
 
交差法
pokapoka3d_kousa.jpg


平行法
mekichi3d1_heiko.jpg
 
交差法
mekichi3d1_kousa.jpg


平行法
mekichi3d2_heiko.jpg

交差法
mekichi3d2_kousa.jpg


平行法
marudori3.jpg


あ、これはすごく3D写真っぽいホロホロ鳥さんの写真でした。
まちがえちゃったー<白々しい。


[READ MORE...]

テーマ:3D・立体写真(ステレオ写真) - ジャンル:写真

■鳥の園、第一フライングケージ(1)/姫センゴーゴー5
safari035_20080503182701.jpg

今回の姫センサファリ最大の目的だった第一フライングケージ。
カピバラについてはこちらに書きましたので、他の動物たちを。
まずはフライングケージを彩る鳥たち。

safari053.jpg

「カピバラモータース」でも使ったけれど、なんとなく気に入っているので大きなサイズで再登場。
写っているのはアカツクシガモさん。

safari044.jpg

看板にあったように、人間は歩道をはずれてはいけません。
あとはすべて動物たちのテリトリー。

safari043.jpg

鉄柱による巨大な骨組みにネットが張られ、天井はかなり高いです。
遠くから見てもすぐそれとわかるワオキツネザルさんが樹上に見えてます。
そして中央にルリコンゴウインコさん。

safari036_20080503181748.jpg

このケージいちばんの暴れ者はサルではなく実はこのルリコンゴウインコさん。
その大きく拡げた翼を人間の頭スレスレかすめるようにして飛び
何人ものお客さんを驚かしていました。

safari045.jpg

「コイツ絶対楽しんでる」と思いましたよ。
ベニコンゴウインコを実家で飼っていたコトがあり、(名前は「コンちゃん」(祖父銘名))
その賢さ器用さもよく知っています。
甘ったるいようなインコ・オウムの匂いをひさしぶりに間近で嗅ぎました。
この写真の木や上のお願い看板を囓ったのもこやつらだな。

safari048.jpg

ふたたびアカツクシガモ(赤筑紫鴨)さん。赤茶色い体に白いお顔の組み合わせがかわいい。

safari047.jpg

デコイのようなキレイな形で座っているキンクロハジロさん(オス)。
なんとも味わいのある風貌。

safari051.jpg

これは…カルガモさんですよね。
いや、HPやパンフに説明がないので、100%断言は出来ないんですが。
よく似た他の鳥さんかも知れないけれど。
でもこのかわいらしいタタズマイは見るからにカルガモさんかと。

safari049.jpg

ハワイガンのヒナの展示。孵化後1ヶ月半で毛はまだぽわぽわ、
でももうけっこう大きい。

safari050.jpg

その親。カピバラ舎のそばがお気に入りの場所なのか、いっしょにひなたぼっこを
していました。

safari055.jpg

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■クマ牧場にて/姫センゴーゴー(4)
safari036.jpg


哀愁のエゾヒグマ背中。

safari035.jpg

上にあるのはオヤツの自販機。誰か来ないかなあ…。
「あっ、おにいさん、買う?買っちゃう?」
この写真は閉園時間前、通るお客さんも少なく、他のクマたちはすでに
ゴハンが出てくるドア前に集まっています。
でも、この子だけはねばるねばる。

safari040.jpg

[READ MORE...]

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。