Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ヤマアラシ・メモ。下書き版
tobuyama11_20090127103108.jpg
暖房を兼ねた明かりの下であたたまり中。

tobuyama10_20090127103048.jpg
お口が…おくちのところがぬふーーんv


■簡単にメモ

ヤマアラシは囓歯目、ハリネズミはモグラ目、ハリモグラはカモノハシ目。

・おおざっぱに分けてヤマアラシは2種類。
(1)アフリカ~アジア圏にいる「ヤマアラシ科」
(2)アメリカ大陸全般にいる「アメリカヤマアラシ科」

・大さっぱに言うと
(1)ヤマアラシ科は体が長くて針が白黒。木には昇れない。
(2)アメリカヤマアラシ科は丸くて針がふさふさ。木登りがとくい。

(1)日本の動物園で多いのはこちら。タテガミヤマアラシやマレーヤマアラシ。
(2)上野動物園埼玉県こども動物自然公園で樹上にいるのがカナダヤマアラシ。

ライオンの群れに囲まれたアフリカタテガミヤマアラシ。(1分37秒)

Porcupine vs. Lion(ナショナルジオフラフィック)

ライオンの一人が刺された(刺さった)とたん戦意喪失するようすが見て取れますね。
針は抜けやすくて、相手に刺さると針が残り、傷が広がりやすくなります。
白黒の柄は「ヤバそうな雰囲気」を出すのに一役買っているとか。

戦いを終えて去るヤマアラシさんの姿がなんとも…


・というわけで基本的にさわれない…ハズ。
しかしふれあいのある動物園動画2題。

(1)タテガミヤマアラシのAgraさん。サンディエゴ動物園にて。(4分37秒)

Meet Agra The Porcupine(PetTalkRadio)
発音はまんまアグラさんみたい。ゴハンあげられるのいいなあ。ああっ膝に乗っているー。

(2)カナダヤマアラシさん。(2分10秒)

Meet the N. American Porcupine @ Six Flags Discovery Kingdom
Six Flags Discovery Kingdomはサンフランシスコにある総合テーマパーク。

ももも持ってる!抱いてる!分厚い手袋してるけど、でも半袖!
ステージに出てるお客さんはもっと無防備だし。


・日本で見られる動物園のリストはwikipediaのヤマアラシの項目に。
間違いがあるけれどwikipedeiaなので仕方ないということで。参考程度に。




スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ゴハンまだかな・ヤマアラシ篇
tobuyama17.jpg
閉園時間前の夕食が待ちきれない姿はどの動物でも見ることが出来ますが
タテガミヤマアラシさんも例外ではありません。

tobuyama18.jpg

しかし高速でドアをカシカシカシ(傷だらけ)したり
気が立っているのか独り占めしようとしているのか仲間を威嚇したり
ただでさえおなかがすいているのに大丈夫なのか、みたいな。



tobuyama19.jpg
    「あれがほしい……」

2ヶ月のヤマアラ赤ちゃん動画、その2。
なぜその2が出てきたかというと、編集する際に見落としていた動画があったから……むう。



ちなみに動画には「かわいいー」と嬌声を上げる女性の声が入っていますが
彼女たちのお目当はこちら↓の方です。

fenne.jpg




ま、まあフェネックさんなら仕方ないかな………。





テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■トゲトゲインファント
昨年の年末29日から関東へ行っていたのですが、
29日というとほとんどの動物園はその日から休園。
ということで動物園の選択肢が非常に狭められたわけですが
東武動物公園ならカピバラもいるし、夏に見逃したマレーバク
タテガミヤマアラシが6頭もいるし、ということで東武へ。

しかもそのヤマラシで非常に楽しみなことが。

tobuyama02_20090124235439.jpg
実は6頭ではないのでした!

最初は(カピバラのいるリスザルの楽園へ行く前に真っ先にここへ
立ち寄ったことを告白いたしますが、そのタタリか)ライトのもと、
隅っこでお母さんの陰に隠れていて見られなかったのですが
大人がゾロゾロ動き出し、それはお母さんでも例外ではない頃に覗くと、
いました…!

tobuyama03_20090124235454.jpg
初めて見たときの第一声は、オクターブ高めの
「なんじゃこりゃーー!」でした。

tobuyama01_20090124235508.jpg
そんな我々を優作にするほどのこのちっちゃさ。
基本的に大人をそのままギュッと縮めたようなそのスタイル。わーわーわー(興奮
だいたい2ヶ月でコレですから、産まれた直後って…  →(直後


走る様子は大人と同様、滑るように速いのです。

tobuyama04_20090124235524.jpg
アンギラスですか?いいえ、ヤマアラシです。
背中から後方に伸びる針がまだ短くてすごく無防備。
掃除機の吸い口の交換するやつを連想。(こういうやつ

tobuyama07_20090124235554.jpg
お母さんと食事中。すでに固形物を食べていました。

tobuyama09_20090124235604.jpg
大人と比べてみました。ボディ本体は首にある白い「月の輪」もすでにあって
あまり印象が変わらないのですが、やはり針が短い。
成長するにつれ、このぽちょぽちょミニスカが伸びていって、
しっぽを覆うロングスカートになるわけですね。
タテガミもまだ短め。なので重さで垂れず、すごくピンとしています。ぱっつんっつん。
タテガミヤマアラシのタテガミって、鬣というより立髪っていう感じですなあ。

tobuyama06_20090124235631.jpg
                           「待って待ってー」

tobuyama05_20090124235654.jpg
実際に授乳しているようすは見られなかったのですが、水を飲むお母さんの乳首を狙うちび。
先にリンクした東武のブログにも説明がありましたが
「お母さんのおっぱいは前足の外側の上の方にある」そうです。
その辺だと毛も柔らかいのです。(さわったことはないけど。)











テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■過剰防衛を誘発する
yamaichi1.jpg
市原ぞうの国にて。タテガミヤマアラシさん。こちらも2頭ペア。
寒い中土管の中でなかよく寄り添っております。

yamaichi2.jpg
                                          ヨダレ?ハナミズ?↑

うっふふーカワイイなーと思ってついつい熱中して
カメラを持った手をアクリルガラスの壁を越えて中に入れてしまったのですが

気がついたら目の前にはこんな光景が。

yamaichi3.jpg


                           これはヤバい。


あわてて撤退。

yamaichi4.jpg
脅かしてしまったんだね、ゴメンね。



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■神戸ヤマアラシのカップルさん
yama_ozi1.jpg
むふんとお外を眺めるアフリカタテガミヤマアラシさん@王子動物園。
やっぱりお顔かわいいなー。このかわいさをもっと多くのヒトに認識していただきたいと
最近特に強く思うようになりました。

yama_ozi2.jpg
お手々もカワイイ。
わりとあちこちの動物園にいるし、名前は誰でも知っている生き物なので
あらためて注目されにくいのだろうなあと思いますが。

yama_ozi3.jpg
王子動物園のオスメスペアはぴったりひっついたりと仲良しさん。
外見からは雌雄の判断がつかないのですが、王子の場合、
白い「タテガミ」が長い方がオスです。
写真だとどっちがそうなのかわからなくなってしまうのですが。


yama_ozi5.jpg


王子動物園のオスのヤマアラシの名前はリュウキくん



そして、女の子の名前がムムさん。

yama_ozi4.jpg


ムムさんって名前かわいすぎる。

あ、上の写真がムムさんなのかどうかは不明なんですけれど。

ということで2009年はヤマアラシを一段とプッシュしていきますぜ。
どうやって?かは…ま、アレなんですけれど。

とりあえずここでは、今日からヤマアラシエントリー三連発行きます。




テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■マーラ子育て中
ichima3.jpg
市原ぞうの国のマーラたち。
7月に産まれたちびマーラ2頭が混じっているはずですが…

ichima2.jpg
とりあえず1頭しか見えず。



ichima4.jpg
なんか、垂れてるヒト。

ichima5.jpg
マーラの小屋、囓られたおしてる気がしたので比較してみました。
上が08年1月1日、下が08年12月31日。

……中央の部屋、壁がありませんがな。

ichima1.jpg
でも囓らずにはいられない、それがアイデンティティ。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ぞうの国のビーバー一家
beasan1.jpg
市原ぞうの国ビーさん一家。
ビーさんとバーさんの夫婦に、08年6月5日生まれの双子の子供たち。

beasan5.jpg
それにしてもビーバーさんの正面顔はなんでこんなに
英語圏の漫画の気の良いキャラ風なんでしょう。

beasan2.jpg
そしてこの何ともいえない手。
「よっ」とばかりに広げた手が気さくでいい人な感じ。

beasan3.jpg
                      「なんかおくれー」

beasan4.jpg
ガラス側から見るとこんな感じ。少しホラーなような笑えるような。



beasan6.jpg
ふたりのおちびさんはその名も、「えあ」と「コン」だって……。

beasan7.jpg
シロクマでも同一ネタが使えますな。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■おひさまの王国
pokapoka1.jpg

pokapoka6.jpg

pokapoka5.jpg

pokapoka7.jpg


妙にいい雰囲気になっている気がするけれど、サファリバスの窓越しに撮ったので
窓の反射や色のにじみや画面のゆがみが入ってる写真。チラリ見程度なら大丈夫だけれど
写真縮小作業のために長く眺めていると少し酔ってくる……

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■おねだり熊さん
kuma1.jpg
姫センの熊ゾーン。
自販機で買えるオヤツをおねだりするサマが去年の新聞ネタになっていました。

kuma4.jpg
                   「おーい、こっちこっちぃ」


kuma2.jpg
特に話題になっていたのが、立って手を挙げるポーズがさらに進化したエビ反る姿。
少し前ならイナ○ウワーと表現されるような。さすがに新聞社もその表現は古いと
思ったのかほとんどその表記は見られず。(全くない訳ではなかったけれど)

kuma3.jpg
…なんか、気になるポーズの熊がひとりいませんか。

kuma5.jpg
                           ??

kuma6.jpg

…何か知らんが、がんばっているのはよくわかった。

kuma7.jpg
うーん、立ってがんばっているのよりこの変なポーズで主張するほうに
あげたくなってしまうような。

しかしその後ろにいる、まったくやる気ナシなコも気になるな。




テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ぞうの国のカバさん
hippoppo1.jpg
市原ぞうの国のカバさん。カピバラのいる水鳥の池と隣接しています。
前回水からあがるところが見られず、今回はじめてそのお姿を拝見。

…けっこうなふくよかさんですな。特にほっぺからあごにかけて。

hippoppo2.jpg
動物園のカバは全体的にどこも少々メタボ気味ではありますが、
見慣れた出目男さんナミコさんと比べるとなかなかに。

池の前には個体情報がなかったので調べたら「ヒッポ」さん。
ヒッポッポさんというのもあったのですが、市原ぞうの国ブログではヒッポさん(オス)でした。

hippoppo3.jpg
この角度で見るカバの目つきが好き。獰猛な雰囲気が(実際危険ですが)。
しかしやっぱり胴回りが丸い気がする…。

hippoppo4.jpg
気がつけば、池の前は結構な人だかりに。
そして水を跳ね上げるサービスもするヒッポさん。大歓声。

hippoppo5.jpg
そして固定。
迫力に押されて気づかなかったけどもしかしてエサバケツがご所望でしたかっ!?

■メモ

ヒッポさん
オス。1986年12月4日日立市かみね動物園生まれ。撮影時23歳。
東山動物園の重吉・福子の第9子・バシャンの子供。





テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■マレーバク大地に立つ
baku1_20090114213222.jpg
東武動物公園のマレーバク、トム君(04年8月22日生まれ、4歳)とシンディさん(10歳)。
トム君が高い声でシンディさんに呼びかけています。

バクの鳴き声は一種類ではなく、この鳴き声もどういう意味のあるモノか
確実なところはわかりませんが、とりあえず敵意や警戒ではなさそうです。

ナショナルジオグラフィック動物図鑑・バク:鳴き声を聴くことが出来ます。

baku2_20090114213235.jpg
おとなりのペーターさん。シンディさんのお父さん。
両目とも白く濁ってしまっていますが、この巨体で足取りはしっかり。

baku3_20090114213250.jpg
すでに亡くなった奥さん、シンディさんのお母さん、名前はハイジだそうな。

ハイジとペーター…。




テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■アフリカゾウにパンをあげてみる
afzou1.jpg
姫路セントラルパーク、ウォーキングサファリのアフリカゾウさんたちにパンのサービス。
ネット越しとはいえ、あの鼻に目の前で迫られるとなかなかの迫力です。
鼻毛とかドアップで見られるし。

つわけで動画でどぞ。

ちなみにゾウさんのオヤツは自販機で購入(200円)も出来ますが
コレはたまたま飼育員さんがパンを配ってくれる時間に行き会わせたのでタダ。
あまりに楽しかったので自販機で買おうとしたら「まだパンありますよー」ともらってしまう。
嬉しいのだけれど…200円あったらゾウさんにパンを一斤ぐらいは
買ってあげられるんじゃないかなーとも思ったりで複雑。

afzou2.jpg
で、こちらはざわついているアフゾウさんたち。原因ははっきりわからないのですが、
自家用車の客にスタッフがマイクで注意していたのでそのあたりだと思いますが、
みな耳をバッと広げ身を寄せ、明らかに不穏な雰囲気。
パオーンと鳴く声も初めて聞きました。

afzou3.jpg
池を背にみんなで輪になっているところ。しばらく警戒が解けませんでした。
で、その瞬間の写真も動画もナシ。
ゾウさんたちの不安な気持ちに圧倒され、自分がカメラ持ってることをすっかり忘れていましたとさ。

って、ダメ過ぎ。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■太陽の動物舎・新住人
taiyo1.jpg
王子動物園・太陽の動物舎はその名前から明るい日差しの元に住む動物の住居と
思われそうですが、実際には、は虫類両生類、夜行性動物がいるところです。
名前の由来は太陽熱発電で施設を運営しているから。
その太陽の動物舎、今期から住民が増えました。上のイグアナさんも新入り。

taiyo2.jpg
一番増えたのは亀。あちらこちらの水槽にわらわら。
実はこの亀たち(おそらくイグアナさんも)現在休館中の姫路市立水族館より
やってきた子たちなのです。お家復興までしばし身を寄せているところ。

taiyo3.jpg
そしてもう一種類…これは姫路と関係あるのかどうかは不明なのですが
王子としては久しぶりに飼育する動物が。

taiyo5.jpg
太陽舎の中央部分はドームになっていて、普段はバックヤード的な使い方をされている空間で
あったのですが、そこに…

taiyo4.jpg
このモサモサなロン毛、長い腕…

taiyo6.jpg
今回お顔は写せなかったのですが、この爪の持ち主といえば…!

フタユビナマケモノさんが復活していました。

今回、確実に確認できたのは3頭でしたが、実は一気に5頭増えたそうです。
見づらいといえば見づらいですが、ナマケモノさんの住環境としては快適なようです。
我々興奮して見ていたのですが、コレ、サイトとかで公式には出してないのですね、情報。
ナマケモノ好きな人は多いと思うのに…なんでもっと出さないんだー。
王子動物園、今回に限らず、情報出さないことが多くて、歯がゆい思いをすること多数。





テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■クビワコガモさんの塔
kubiwa1_20090111002324.jpg
姫センのクビワコガモさん。一回り小さく人なつっこくカワイイカワイイ。

kubiwa2.jpg
なぜか杭の上に乗っている姿を何度も見かけました。

kubiwa3.jpg
ちょっといい気分なのかな?


テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■ホロホロ籠
himehoro1.jpg
姫セン第二フライングケージにて。組み立て式のケージが置かれて何かいるなーと
思っていたのですが…

himehoro2.jpg
どうやら子ホロホロ鳥が固まって寝てるようです。ケージの周りでやたら気にしている個体や
いっしょにいる大きいのは親なんでしょうか?

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■ほわほわな指
owl1.jpg
とべで閉園時間前に人だかりの出来ている場所があったので見てみたら
その中心にはこんなコンビが。

owl2.jpg
猛禽はカワイイナー。

owl3.jpg
ふっさふさの指毛。さわってみたかったけれど、鋭い鉤爪に躊躇。
よく見ると、爪、2枚目の写真でお兄さんの手首に思い切り食い込んでます。

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■ダチョウさん(オス)に求愛される男


市原で、いきなりコンナノニでくわしました。
びっくりー。写真はありません。ただひたすら動画撮るのみ。
ちなみにダンス中、柵越しに鳥のえさを持ったワタクシの手を
ダチョウさんの外側の白い羽がかすっていくのですが
ふわふわ気持ちよくてつい手を出したまんまでした。
なかなか色々ラッキーな瞬間でした。メスに八つ当たり?されたような気がするけど。



テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■しばしばもふもふ!
siba5.jpg
キラリン、コロリンとかわいい柴犬のウメちゃん。
仔犬ではないけど、若くてまだ丸顔で人なつっこい美人さんです。

siba6.jpg
市原ぞうの国は湘南動物プロダクションと経営がいっしょなので、
この子もアイドルなのかなーと思うのも納得のかわいらしさ。

siba7.jpg
モモちゃん。この子もチョーラブリー。

ソフトバンクのお父さんこと超売れっ子北海道犬のカイくんも
湘南動物プロダクション所属なんですよね、たしか。

mary3_20090105222821.jpg
入り口付近、キリンさんの横にいた雑種のメリー君(オス)。
ほっさほさむくむくでこれまたかわいすぎです。

mary1_20090105222807.jpg
少し大きめの中型犬というのがまた魅力。
耳大きいしっぽくるーんなつっこいーーハァハァハァ

mary2_20090105222813.jpg
前回も書きましたが、犬写真はあまり撮れないので
カワイイ被写体を納められるとものすごくシアワセ。
写真の出来ナンテキニシナイ!< 少しは気にしろ


テーマ:犬の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。