Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■パンダさんが笹を食う
koutan01.jpg
ジャイアントパンダ、オスのコウコウが笹をもらっていました。
幸せそうな表情。

koutan02.jpg
あがーー

koutan03.jpg
んぐーーー。
よく見ていたら、笹の葉っぱを口でしごいて何枚か集め、
ある程度食べでのある量にたまったところで口に運んでいるのです。
で、その口でしごくときのアゴがかわいかったので狙って撮ってみました。

動画。タンタン(メス)との食べ方の違いもあわせてどうぞ。


koutan04.jpg
笹うまーーーーー!くはーーっ!!

koutan05.jpg
で、コウコウ、腹を思いっきり天に向けた状態でガツガツ行っております。
笹あちこちに散らかっているし、なんだか
モテない君オーラが出まくっているというのはカワセの弁。
まあ、実際人工授精になってしまっているのは、タンタンがコウコウに
あまり興味を示さないせいなわけで。
その原因は案外この辺にあったりするのかもしれません。

お客さんには大モテなんですけどねー、コウコウ…。
順路がコウコウ→タンタンなので、御食事姿が上品なタンタンはすこし
割を食っている感があります。
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■春の新入りさんたち
sinn5.jpg
最近動物の数が増えつつある王子動物園。
休館した姫路水族館からの受け入れや、密かに5頭増えたナマケモノ、
モモイロペリカンさんなどを紹介してまいりましたが
今回は「ハナシには聞くだけでまだその姿を見ていない新入り」特集。
まずはマヌルネコさん。以前、2頭いたうちのメスが死んでしまったのですが
最近、新しい、しかも若いメスがやってきたそうです。
なんと上野動物園で2007年8月に産まれたペッキーさんだとか。
公開はいつからかなー。楽しみだなー。
上のふっくりしているのは前からいる子です。

sinn3.jpg
なぜかンコしている瞬間をとらえてしまったダチョウさん(連射不使用)も
メスが2羽やって来てるんだそうです。
王子動物園、来年度は繁殖に力を入れるのでしょうか。

sinn2.jpg
そしてけっこー長い間、王子では飼育が途絶えていた動物がやってくるようです。

sinn7.jpg
ほぼ廃墟と化していたエミューの旧展示場やオリックスがいた場所に
大がかりな工事が入っています。

sinn6.jpg
擬岩(…で良いのかな?)建造中。

お迎えするにあたってこんなにも力が入っている動物とは、こちら。

sinn1.jpg

……そういえばいなかったなー。
他の動物園に行くとたいがいいるので、あまり気にしてなかったですが。

現在ケープハイラックスとミーアキャットが一頭ずつになってしまっているのですが
あのへんも何とかしてもらえないんでしょうかという希望。








テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■冬の風物詩
kotatu1.jpg
須磨海浜水族園入り口入ってすぐの波の大水槽。
等間隔に並ぶ、水族館では見慣れない物が…

kotatu3.jpg
おこたです。
数年前から冬期に開催されている「こたつに入ってお魚鑑賞」(今月末まで)。
好評なんでしょうか。割と本気のこたつです。電気も入っています。
まあたとえ部屋が暖かくても、電気入ってないおこたにうっかり入ると
めちゃめちゃ寒いですよね。物理的な意味だけじゃなく。
しかし水族館は温かいので、入ると熱いです。
中には孫のお守りで疲れたのかマジ寝に入っているおじいちゃんの姿もありましたが。

kotatu2.jpg
予想していたより見やすいです。(モデル:トバリ)

スマスイの企画のフットワークの軽さはなんというかすばらしすぎます。
軽さというかユルさのような気がしないでもないけれど。






テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■君はToo Shy
okao1.jpg

okao2.jpg

okao3.jpg

okao4.jpg

Kajagoogoo "Too Shy" - 1983

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■リュウキくん+ムムさん
mumuryu8.jpg
左ムムさん、右リュウキくん。
なんと今回はマウンティング(交尾の動作)を動画で納めることが出来ました。
日は奇しくもバレンタインデー!王子にもちびヤマアラシがやって来る日が来るのでしょうか!

飼育員さんによると、実際このふたりは相性が良くて、
交尾行動はかなりの頻度で見られるのだとか。
多いのは朝イチ、運動場に出した時だそうです。
寝室が別々なのが関係してるんでしょーか。
寝室が同じだと離婚率が高いとかそういうハナシも漏れ聞きますが
その逆ってことでしょーか。

まあ基本的に相性が良くないと交尾は不可能なわけなのです。
ヤマアラシの場合は特に!
メスが主導権を握り、積極的に振る舞わないと
オスが何も考えずに突進したら、それはまああそりゃまーエラい目に遭ってしまうわけで。

動画でも確認できますが、後ろに向いている針を広げ
しっぽをあげてお尻も持ち上げて体は低くして受け入れ態勢を取っています。



しかしこうやって協力的であっても、ヤマアラシのメスの膣口には普段は薄い膜が張っていて
ベタな言い方をすれば天然マイ○ーラみたいな…およそ一ヶ月に一回は
開いているのだそうですが、そのタイミングでないと受精には至らないのだそうで。
二重三重の困難がつきまとうヤマアラシの繁殖。
しかも、テンジクネズミの仲間でありながら生まれる子の60パーセントが1子、最高でも3子まで。
囓歯目の繁殖って、産めよ増やせよ地に満ちよなイメージなので意外に思います。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ちきゅうを見に行く(その2)
chikyu16.jpg
ちきゅうの実験室エリア。ここは「微生物研究室」。

chikyu15.jpg
左側に採取したサンプルを置く台があります。
フツーに実験室。船の上とは思えない感じ。他にCTスキャンやあちこちに遠心分離器、
ごつい顕微鏡などが置いてありました。

chikyu17.jpg
左が採掘エリアの壁の備品。右が実験エリアの…。こわいぞ。

chikyu18.jpg
"wheelhouse"のサインが入り口にあった部屋。
「操舵室」の意味です。燃え萌えアイテムがたくさん。

chikyu19.jpg
これも操舵室より。机などに設置されたPCはデルが多かったです。一部hp。
(上の微生物研究室に置いてあるのはhpぽいなあ。)

chikyu20.jpg
居住区。

chikyu21.jpg
一部日本語サインもあるけれど、船内の公用語は英語だそうです。






テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

■ちきゅうを見に行く(その1)
chikyu00.jpg
2月15日の日曜日は王子動物園のサポータ-ズデーに行くハズが振られてしまったので…
別の場所にでかけることに。
(ところでこのはがきの文面にある「※毎週水曜日は休園日です。」がまったく
流れに沿ってないのですが…)

chikyu01.jpg
独立行政法人海洋研究開発機構JAMSTEC(ジャムステック)の地球深部探査船「ちきゅう」
修理のため神戸に寄港中なのですが、出航前に一般見学に解放していたのです。
しかし公開は一日のみ、事前予約なしの無料ということで大行列。
我々が昼過ぎにのこのこ出かけて、4時45分乗船。3時間半待ち。
でも待った甲斐はあったなあと思いました。
基本的に並ぶの嫌いなワタクシがそう思うぐらい。

chikyu09.jpg
ちきゅうで目立つのはこの船のど真ん中にそびえ立つ巨大な鉄塔。
ポートタワーと同じ高さと表現されていました。
関西圏以外の人にはわかりにくいですが。
わかりやすく言うと、ポートタワ-はあの、キングジョーが壊そうとしていたヤツです。
<ワカリヤスクシヨウトホントウニオモッテイルノカ?

chikyu04.jpg
ということで、はしょってタワーに来ました。これは穴を掘るためのやぐらみたいなものです。
ヨイトマケするときの組み木みたいな。ここから長いパイプをドリルで打ち込んで
地質試料を採取するという。

chikyu05.jpg
タワーの足下部分。

chikyu07.jpg
この下に船体を貫通する穴があいています。その名も「ムーンプール」。なんかカッコイイ。
これだけでなく機材や装置の名前がいちいちカッコイイ。

chikyu06.jpg
魚がカワイイだけではなく、「ちきゅう」の作業の仕方がわかりやすい図。
右上は、資料採取のパイプを通すためのカバーパイプ(の縮小模型)で、
その名も「ライザーパイプ」。カッコイイ。ライザーパイプ始動!みたいな(始動はしません。)
船にはバラして置いてあって、採掘するときにはこうやってつなげます…と
説明してくれています。右下はドリル2種。

chikyu10.jpg
カッコイイ場所。み、ミサイルですか?と幼稚なことを考えてしまう我々。

chikyu03.jpg
ここがそのライザーパイプの保管場所です。もうね、保管しているだけでかっけー。

chikyu08.jpg
左に見えるのはムーンプールのへん。
一枚で撮り切れなかったので右側と左側で分割。

chikyu02.jpg
この位置で見上げるとこのように素敵なパイプ群が。

実験の内容や目的、機構が抱えるであろう問題などをスタッフに熱心に質問する人などもいる中
「わーいおっきいおふねだあー。わーメカ超かっけーー」
というレベルでもってテカテカしながら船を回っている我々。小学生か。
そして所々、不意に現れる高所にビビるのであった。



chikyu13.jpg
ちなみに上から四枚目の写真を撮ったときは○内の位置にいました。
右上にタワー。右下がムーンプール。
床は薄いわなんかスキマがあって下見えるわで、かなりヤバかったです。





テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

■エイト・アームズ・トゥ・ホールド・ユー
mzdako1.jpg
須磨水族園のミズダコさん。
キモいと見るか美しいと思うか美味そうと感じるかまたそのすべてか。

mzdako2.jpg
この日は普段と違ってやたら活発に動いていました。
「いつもやったら隅っこの方でおとなしいのに今日はどうしたん?」みたいな声が
ちらほらと聞かれたのでみんな同じ事を考えたんでしょうね。

mzdako3.jpg
ちなみにこの日はダイオウグソクムシをメインに見に来たのですが
恥ずかしがり屋さんでお顔が見えず。(実際には真っ暗です。)
そのかわりというか何というかミズダコさんがサービス満点。

動画も撮りました。



mzdako4.jpg
サイズはこんなもん。でっかー。
瀬戸内海はサイズの小さいマダコのほうがお馴染みなので
ミズダコの大きさは驚異的です。

mzdako5.jpg
ミズダコさんの水槽はいつも誰かがのぞき込んでいる人気っぷり。
だいたいキモーと言いながら長時間見続けるパターンで。

mzdako6.jpg
その動きのおもしろさに、気がついたらけっこうな時間眺め続けてしまうのです。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ペリーさんのご機嫌を伺ってみよう
perrysan1.jpg
どうなっているのか少し不思議なくちばしの先っぽ。

perrysan2.jpg
何度見ても不思議なヘルメット状のカツラみたいな生え際…。
昔の外国SFドラマ「謎の円盤UFO」のこの人をいつも思い出します。

perrysan3.jpg
東武動物公園「リスザルの楽園」のモモペリ・ペリーさん。
以前池田動物園でペリカンに威嚇された経験があるので
ペリーさんだとどうなるんだろうと、ずっと同じカメラで試していたんですが
まったくの無関心。ペリーさんおとなしいんだなあと思っていたら

perrysan4.jpg

perrysan5.jpg

機嫌が悪いときに巡り会ってみたいと思うのです。



テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■新入り、あいかわらず
ozinama1.jpg
王子動物園・太陽の動物舎のナマケモノさんたち。
やはりある程度「張って」いないと活動の様子は見られないような。

ozinama2.jpg
実は撮影時には気づかなかったので下が切れていますが、
4頭写っていますね。
あいかわらず動物舎入り口や園内看板でもアピールはありませんが
入り口売店「パンダプラザ」では入り口近くにナマケモノぬいぐるみが
飾ってありました。密かにナマケモノ好きな店員さんがおられるのでしょうか?

そして王子動物園ではひさびさのお目見えな…
oziperi.jpg
ペリカンさんが、アオサギ・ゴイサギ・シュバシコウなどのいるバードケージに。
こちらも姫路からなのかな?

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ムムさんリュウさん
mumuryu1.jpg
ヤマアラシ特集、今回分のとりあえずのラストは王子動物園に戻ってムムさん。
石ころか木の破片かを噛んでいると思いきやなぜかなめ続けているムムさん。
物を食べたり囓ったりするときに、この、太短いお手々で押さえる姿がたまりません。

mumuryu2.jpg
奥がリュウキくん。ふたりの見分け方はタテガミの前方部分の長さ。
リュウキくん、なぜかとても長くて自立できず垂れているのです。

mumuryu3.jpg
こんな感じ。マンガの美形キャラの前髪っぽいのがリュウキくんと覚えておきましょう。

mumuryu4.jpg
左リュウキくん、右ムムさん。

mumuryu5.jpg
夕方、閉園間近にバックヤード側から覗いた夕ご飯。
チンゲンサイ、リンゴ、トマト、ニンジン、サツマイモ、バナナ、ぶどう。
けっこう豪華?

mumuryu6.jpg
りんごシャクシャク。

mumuryu7.jpg
うんやっぱり手で持つのがカワイイ。
しかしその姿が普通では見えないのが少々辛い。もっとみんなにこの姿を!




テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■基本的に夜行性
tobeyama1.jpg
とべ動物園のマレーヤマアラシさん。
観てるだけでこっちもウトウト来そうな目つき。

tobeyama2.jpg
ぱっと見タテガミヤマアラシさんと見分けがつきにくいですが
ばさーと目立つタテガミが見えません。

tobeyama3.jpg
それ以外は体の模様も一緒だし、首の月輪もあるし。
少し小さいような?
長崎バイオパークもマレーヤマアラシさんでした。(過去記事


tobeyama5.jpg
すべすべな感じの足の裏。
木登りが出来るカナダヤマアラシさんの足の裏にはボツボツの滑り止めがついていましたが
こちらは見るからに木登りは苦手そうです。

tobeyama6.jpg
マライアンなのでマライヤマアラシ?
徳山動物園(山口県)もマライアン表記でした。
地図に生息範囲が載っておりますね。



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ジレンマって何よ?みたいなイキオイで
tobuyama12_20090130175108.jpg
毛繕いしあうふたり。こわい毛が擦れ合う音がシャカシャカ響きます。
左端で壁に追いつめられているのは一つ下のエントリでぬくぬくしていた方。

tobuyama13_20090130175120.jpg
眼中にない感じでカシャカシャしあうふたり。
3人分の毛がこすれあっているわけですが刺さることはありません。

tobuyama14_20090130175135.jpg
激しい激しい。

tobuyama15_20090130175618.jpg
片方が気持ちよくなってコロリと行ってしまいました。ふひゃーーん。

tobuyama16.jpg
かじかじ。

針がたたまれている状態では寄り添っていても相手を傷つけることはありません。
よく知らないヒトが言い出したことなのでしょうね。





直接Youtubeのページで観るときには「低画質版」と「高画質版」の選択が出来て
ブログに貼ったときには「低画質版」のみだったのですが…
いつのまにか貼ったモノでも高画質版で再生できるようになっていました。
youtube.jpg
やり方は
①右端の△にマウスカーソルを合わせるとバーが上に伸びる。
②下から2番目のHQアイコンを押す。赤くなったら高画質版で再生中。

※再生ボタンを押してからでないとHQアイコンが表示されません。
※高画質版がないバージョンもあるので、その場合はその旨表記されます。

なお、Youtubeに登録していて、アカウント→再生設定で
「高速の接続を使用しているので、利用できる場合は常に動画を高画質で再生する」を
選択していると、貼られたモノでも常に高画質版で観られます。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。