Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■美少女転校生あらわる
deo2.jpg
3月28日に新施設・シマウマ舎の公開記念式典が開催されました。
我々が行った時にはすでに式は終わっていて周りの雰囲気も落ち着いていました。
上は飼育員さんがブラッシングしてるところ。
ところで我々、たまたま見には来ましたが
シマウマにはそれほど感心があるわけではない

と思っていたのですが

deo1.jpg
か、かわいい……。

チャップマンシマウマのディオさん
(2008年9月25日生。6ヶ月。南紀白浜アドベンチャーワールド生まれ)女の子。
人工哺育で人なつっこい性格だそうです

…が、環境の変化のせいか式典前後、しばらく暴れていたらしいです。

deo3.jpg
そういうこともあって、しばらくは公開時間限定で少しずつ慣らしていくそうな。

公開時間;10:30~11:30 14:00~15:00

deo4.jpg
実はもう一頭、3歳のオスがみさき公園(大阪)からやってくる予定ですが
到着・公開についてはまだ未定だそうです。

なんかちょっとバタバタしてるような気が…。


スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■この子だれの子、だれのヒナ?
chick1
五月山動物園にて。
ぽけぽけの羽と言うより毛、そしてウリ柄のヒナ。

chick2.jpg
実は五月山ではこのコに会うのも楽しみでした。

chick3.jpg
ぺたっと座っている…んじゃなくてフツーにカカトをつけて立っている…
という風にはなかなか見ることが出来ません。

chick4.jpg
親、登場。


動画。答えを字幕で入れなかったけれど、親を見てわかるんでしょうか。
(同時アップのYoutube版には入れました。)

chick06.jpg
このぽけぽけの羽とミニサイズが
親の独特の羽と大きさになるのには実はそうかからないそうです。

chick5.jpg
ということでエミュー親子でした。
お父さんの方が子育てには熱心な鳥なのだそうです。

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■ちきゅうを僕の手の上に
カピバラカメラさんちのこの日この日のエントリにて紹介されていた
実景をお手軽に本条さんの写真(ミニチュアジオラマ写真風)風にしてしまうページを
試してみました。

モトネタは当ブログで初期のころ載せた王子動物園の写真です。
いくつか試して、いちばんミニチュアぽかったのがこちら。

IMG_6237HDs-tiltshift2.jpg

ナミコさんフィギュア発売中。


asuka1.jpg
これは特にミニチュア化してるわけではなくてたまたまハーバーランドに行ったら
停泊中の「飛鳥Ⅱ」に遭遇。
後ろの神戸メリケンパークオリエンタルホテルが15階建て。
デカい船というとこのあいだ「ちきゅう」を見たばかりだけれど
こちらはスケールも段違いで、船体のカタチが優雅。まあ、目的が全く違うわけだけれど。

asuka2.jpg
「ちきゅう」の、機能のカタマリで出来ている船体も美しい。




■新入り美人さん
manul1.jpg
上野動物園からやってきたペッキーさん(2007年8月生まれ)を
王子動物園ネコ舎のバックヤードからチラ見。
かわいー。

で、お見合い相手の男子ですが、のぞき込む我々を威嚇しまくり。
表の方では隣のオオヤマネコさんに戦いを挑むし。

マヌルネコVS.オオヤマネコ Part2」

しかしこの様子を見ると、実は仲良しなのかも?
遊んでもらっているような姿にも見えます。
というかマヌル大興奮。オオヤマネコさん余裕。


以前アップしたもの。「マヌルネコVS.オオヤマネコ」

ペッキーさんが公開になったらオオヤマネコさんがどういう反応をするかも興味あります。
ちなみにオオヤマネコさんはおばあちゃんネコさんです。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■お掃除ズゼさん
osozizuze.jpg
こんなタイトルですが、ズゼが鼻でホウキを持っているとかそういうことではなく
背中の砂を払ってもらっているところ。刺激も気持ちよさげです。

osozizuze2.jpg
マックの発情のために、スゼは狭いパドックに隔離中。
グラウンドに出てヤレヤレという感じでしょうか。
出した直後に激しく鳴いていたのでストレスもたまり気味?

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■白いちび獅子
姫路セントラルパークのまっ白ではないホワイトライオンさんたち。
生後二ヶ月のふたご・ティナとロキ。11月の撮影です。
wtlions2.jpg
いやあ、気がついたらこんなに時間が過ぎてまして
もうだいぶ大きくなってるでしょうねえアハハハ(汗



わちゃわちゃわとオテンバな子供達に(ふたりとも女の子)お母さんのユウナさんは
必要以上にかまうわけでもなく、でも適度に遊んであげたりとがんばってます。
まあ、お母さんがちょっと動いた、体の位置変えた、歩いていった!に一回一回
湧き上がる生命力でもって力の限り反応する子たちは見てる分にはカワイイけれど
お母さんは大変だ。

wtlions4.jpg
ようやく落ち着いた頃。

wtlions5.jpg

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ハラヘッタオタケビ
ozikun1_20090309115609.jpg
1歳の誕生日を迎えた後に圧迫骨折が発覚、現在療養中のアジアゾウのオウジくん。
写真は昨年11月23日に撮影した物ですが、運動場の方に出たがらず
なだめたりすかしたりしてなんとか誘い出そうとしている飼育員さんと。

ozikun2_20090309115634.jpg
その1週間後に撮影。先週のオウジくんのぐずりは前兆だったのでしょうか。
小さいとはいえ500キロほどの体重があるため看護体制も物々しい感じです。

ozikun3_20090309115648.jpg
床ずれ防止のエアーマット。虫干し中。
三和化研のサンケンマットという商品を使用。


オウジくんはお昼前になると「はらへったーーーー」の絶叫をあげていたのですが
療養中のいまでもあいかわらずおたけびっております。
なぜここにカバが!?みたいな鳴き声です。3月8日録音撮影。
食欲は十分というかこれだけの声が出せる体力を感じ取ることが出来るので、
ほんとに、足さえなんとかなればという話なんですけれど。

ozikun4_20090309115709.jpg
この日、スゼは発情期のために隔離中。オウジくん用のパドックにいました。
オタケビを聞いて動揺するズゼ。
しかし母親が我が子の声を聞いていても立ってもいられない…というより
なんか変な声する!とビックリしているんじゃないかなと思われます。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ウォンバットに支配された町
五月山動物園のある池田市はウォンバットの飼育繁殖を誇りにし、
市のマスコットに制定しているため、
阪急池田駅から五月山動物園への途上にはありとあらゆるところにウォンバット
溢れています!いや、ありとあらゆるというのは言い過ぎですが。

まずは絵。

wambat1.jpg
中央は市制施行70周年イメージキャラクター「ふくまる」くん。
左の上から2番目、スコップをかついでいる絵は動物園のゲートにも描かれていたので
最も公式なイラストなのかと思います。
いろんなタッチやテイストの絵がありますが、どうもウォンバットのデフォルメは
難しいんだろうなあと思いますな。
中には予備知識なしに見たらコアラやビーバーと思われそうなのも。

写真。
wambat2.jpg
電話ボックスにベタベタと。色あせてしまっているけどカワイイ写真ですな。

立体。

wombat4.jpg
ナーンーカーオールー

wombat5.jpg
このウォンバット像、駅周辺や動物園内やらあちこちに呪いのように建っていました。
種類はタイコとリンゴの2つだけのようです。

wombat6.jpg

動物園内のベンチにも↓
wombat3.jpg
……コメントしづらい。

あっこんなトコロにもウォンバットの絵が!

wambat9.jpg
はい、ちがいますね。池田といえば猪。
上方落語「池田の猪買い(ししかい)」で有名なところで
それにちなんで、落語ミュージアムなんていうのも建っています。

wombat10.jpg
ミュージアム前の顔ハメ。

wombat11.jpg
右のステキな建物の奥に見えているのが落語ミュージアムだったと思います。
あ、落語みゅーじあむ ですか。
落語って池田の猪買いしかないんじゃないかと思ってしまうんですが
「牛ほめ」も池田が舞台らしいです。(「穴がふさがるし、火の用心にもなりやす。」)

wombat8.jpg
他にも各種「まち」認定。
まあ、左端はフツーに標語だと思います。
ここではシャベルを旗(横断旗?)に持ち替えたウォンバットのイラストが。

wombat12.jpg
まあ、ツッコミどころも楽しいですが、古く趣のある建物が多く、また、昔ながらの商店街
昔ながらの店と、古い店舗を活かした新しいショップなども混在し
ゆっくり見て回っても楽しい町だと思います。今回時間無かったけれど。

wombat13.jpg
五月山方面とは駅をはさんで逆側ですが、インスタントラーメン発明記念館もありますしね。
反対とはいえ、記念館の方は駅近です。
自分で作ったオリジナルカップヌードルを持って動物園内を回っている姿を何人か見かけました。

wombat14.jpg
池田市観光協会公式サイト


おまけ。駅ビルにあったお店。


kaja.jpg
君はToo Shy(1983)

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■あのコたちに会いに行こう。その2
wainesan2.jpg
続いてワインさん。
綴りを見るとwineじゃないんですね。英語じゃないのかな。

今度は前振りナシで即登場ー

waine3.jpg
とたとたとた。

思わずほほえんでしまいますね。動物のかわいさをぬいぐるみのようだというのは
あまり好きではないのですが、ウォンバットの場合は動くぬいぐるみというのが
あまりに適切すぎな気がします。

winesan1.jpg
横から。印象がけっこう変わります。コアラっぽい。

waine4.jpg
おめめアップ。アヤハさんは 2004年生まれ(2007年来園)ですが
ワインさんは1989年生まれの20歳。アヤハさんのキビキビした動きに比べて
ゆったりしてるのはそのせいでしょうか。でもよく動いてます。

動画動画。


途中、金網越しに歩いているのはワンダーさん。1989年生まれ。
ワインさんとともに五月山に来た最初のウォンバットです。

wondersan1.jpg
動画撮影時は歩いてたのですが、あとはひなたぼっこに。

wondersan2.jpg

wainewander.jpg
ここで生まれたさつきさん(1992年生まれ、メス)の両親です。

wainesa5.jpg
ワインさん大接近、しかも立つサービス。

ウォンバットは囓歯目同様一生延び続ける門歯を持っているのであちこちガジガジ。
動画では針金を噛んでいましたが…。

ナショナル・ジオグラフィック動物図鑑「ヒメウォンバット

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■あのコたちにあいにいこう
ayaha01.jpg
近畿圏でありながら近いようで遠い某動物園へやって参りました。

ayaha02.jpg
金網=強敵を透かして見える動物は…

ayaha03.jpg

ayaha04.jpg     
                                     ぬっ

ayaha05.jpg
                                       よっこいしょっと…

ayaha06.jpg
                                          たすっ。

ayaha07.jpg
                                      たっすたっすたっすったっす

ayaha09.jpg
大阪は池田市にある五月山動物園へようやくやってきました!
非常に規模が小さく動物の種類も少ないのですが
5頭のウォンバットを飼育展示、繁殖も成功させた動物園です。

アヤハさん動画。


ayaha08.jpg
この日(2月28日)はお天気も良く気温も高くて
ウォンバットさんたちも活発に動いていました。
走り回るアヤハさんと、やはり走ったり金網で遊ぶワインさん
そんなに動いてはいなかったけれど運動場のベッドで眠る姿を見せてくれたワンダーさん。
残りの2頭、サツキさんとフクくんはちチラリとも見えず。
お部屋のドアは開いていたのでしばらく張ってみたのですが、動く影すら見えず。
まあ全く動かない姿も見えない日もあるらしいので
3頭も観られたのはかなり運が良かったのかもしれません。

次回はワインさんです。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■黄色い色のニクいやつ
sirokuma1.jpg
とべ動物園のホッキョクグマさん。名前はわかりません。

sirokuma2.jpg
プール全景。冬の時期だったので、水は抜いてあります。
上の写真やこれに黄色い円柱が写っているのですが
これがあのシロクマまっしぐらな「幸せの黄色いガス管」だとは
実はこのときはその存在を知りませんでした。

sirokuma3.jpg

sirokuma5.jpg
こちらはピースさん。「しろくまピース」さんですね。

さて、なぜ急にとべのホッキョクグマさんの写真を引っ張り出してきたかというと…

siawase.jpg
王子動物園、クマ舎にガス管が!

ツキノワグマ、ウマグマ、エゾヒグマすべてのケージ内に遊び道具としてつるしてありました。
あわててホッキョクグマ舎に行ってみたのですが、そちらでは見えず。

アイスとミユキのガス管デビューも近いのでしょうか?

ちなみにパンダ舎の裏にコッソリ置いてあったのも目撃しましたが
アレはどうなったんだろう?
あのガス管、実はかなりずっしり重いので、ガラス張りの屋内展示場でも
ヒトとの間に柵がない運動場でも危険な気がするのですが。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■コアラさんがユーカリを食う
sanae1.jpg
ユーカリの木の先のV字に挟まっるとしか思えない寝姿。

sanae2.jpg
横から見るとこの通り、脚を突っ張っているんですが…
これでくつろげてるのかなー。すごいな。

sanae3.jpg
他のコアラさんたちが爆睡中の中、ひとりお食事中のサナエさん。

しかも完食しないウチに他の木に移ります。
降りる途中にあったユーカリもチェックしたけれれど食べず。



sanae4.jpg
一日のほとんどを眠って過ごすコアラですが、
なぜかサナエさんだけは起きている姿に出くわす率高し。
それはほかの方の場合でも同じようで、
ブログの写真などでお顔が写っているコアラはたいがいサナエさんです。

sanae5.jpg
そういえばあまりに動かないコアラたちを見て
「これはぬいぐるみが飾ってあるだけだ」と主張してやまない彼氏と
「へーそうなん?」と適当に応えている彼女というカップルを以前見かけたことがあります。
その場ではどうつっこんでいいかわからなかったので、ココで報告。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■パンダさんが笹を食う、その2
koutan06.jpg
今回も引き続き、人間には大好評、コウコウのお食事姿。

koutan07.jpg
この日(3月1日)はいつもとちがってずいぶんとお行儀がいいようです。
背もたれがあるのでヘソ天喰いが出来ないんじゃないかとかそういうことは言ってはいけません。

koutan08.jpg
コウコウ(左)タンタン(右)が近くで食べています。

koutan09.jpg
コウコウ側から。ここでひとついいところを見せて
モテナイ君オーラを返上したいところです。
(今年のタンタンの発情期はすでに終了しているなどというコトは言ってはいけません。)

koutan10.jpg
タンタン側より。
うーん、並べるとやっぱりお行儀の違いが際だってくるなー。

koutan11.jpg
そこ、踊らない。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。