Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■動物たちの秘密基地
torus_kufu1.jpg
トリアスにて。三輪車?のパーツとベルト、これは何なのかと申しますと…

torus_kufu2.jpg
ベルトに取り付けられたペットボトルのフタ(矢印)。
ここに園内で売られているカリカリを乗せ、ペダルを回すと…

torus_kufu3.jpg
アカハナグマさんのお皿に届けられるという仕組み。
背のたりないお子様でもアカハナグマさんにカリカリをあげられますという工夫。
ちなみに手と爪が長いので、お皿の一番遠い位置に落ちても大丈夫です。

torus_kufu4.jpg
こちらもアカハナグマさん用。右の透明アクリルパイプの中にカリカリをコロコロ流すと
下でアカハナグマさんがキャッチ!楽しいです。
ちなみに左の子は草を狙って凄くがんばっていますが、
手の届く範囲の草は伸びる端から食べ尽くすのでガンバリの割に効が少なさそう。

torus_kufu5.jpg
カピの上空に見えるトンネルもアカハナグマさん用。

torus_kufu6.jpg
空中散歩。最初に紹介したベルトコンベヤー給餌装置のあるお部屋と
流しカリカリのあるお部屋とをつないでいます。

torus_kufu8.jpg
マレーヤマアラシ、チチさんとムスメ用装置はパチンコ方式。
よく出来ています。ここでもペットボトルのキャップを重要なパーツとして使用。
展示スペースの「箱」も枕木で手作りしたものだそうです。
木製なのであちこち囓られ倒されてますが。
しかしふたりとも見事な丸太っぷりですな。

torus_kufu9.jpg
園内の展示スペースはとにかく手作り手作りの嵐。
壁は園芸用の……なんていうのか知らないけれど、園芸用のアレ。
プレさん展示場は、植え木を囲む丸いベンチの中をガラス窓で囲って
土を盛ってあるという。

torus_kufu7.jpg
なんだか、「ひみつきち」っぽい動物園だったのでした。



スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■コバタンさんのお食事
batan1.jpg
笹。葉っぱ一枚一枚丁寧に囓っていきます。

batan2.jpg
キャベツいかがですか?

batan3.jpg
ふんふん、まあ、悪くないわねえ

batan5.jpg
ミカン、うまーーーーーーっ!

batan4.jpg
超ウマーーーーーーーーーーーーーっ!!!

batan6.jpg
実家でむかーし祖父がオオバタンを飼っていたのですが
いつも鳥かごのフタをとめているハリガネをくちばしで器用にはずして
鳥かごの外にとまっていました。よく喋ったしおとなしいかったし
バタン系(という表現で良いのか?)はかしこくてカワイイイメージです。

その子が亡くなったあとにやってきたのがベニコンゴウインコ。
でかいわ騒ぐわ威嚇するわの大暴れ。
おかげでコンゴウインコはいまでも少し苦手です。
フライングバードケージなんかでも警戒してしまいます。
しかし、姫センのカピ小屋の上が
コンゴウインコの定位置になっているんだよなー……。

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■フリーダムワン
ikedawan1.jpg
池田動物園で今年生まれたマレーバクのお名前が決定した…つながり?で
池田動物園のワン
上は前回の時にもひとなつこく迎えてくれた美人さん。

今回なつこくて超かわいかったのがこの子。
ikedawan3.jpg
写真だとなんか怖そうな顔になってしまったのですが、撮り直しが出来なかったので…。
ぼやぼやでむくむくの三毛で、柵越しにフンフンと来てくれたので
嬉しくなってカメラを向けた瞬間、表情が曇って、こちらを振り向き振り向き
去って行ってしまいました。
もしかして写真嫌い!?

というわけでこの子とはそのあと鼻先ナデナデしたり鼻チューとか遊んだのですが
写真はこれ一枚きり。ほんとはすごくカワイイのですよ。

ikedawan2.jpg
通り過ぎる子供たちに「ソフトバンクだ!」と言われていたワン
お父さんとかカイくんでなく企業名。

白い犬って、むかしはもっと普通に飼われてたよね。
雑種が多かったからなのかなあ。

ikedawan5.jpg
犬、フツーに歩き回ってフリーダムにンコ中。
右に見えるピンクの丸いのはフラミンゴ。動物園の中です。
池田動物園は不思議なところで飼い犬がフラフラしていたり
また、犬の散歩コースとして使用しても可なのだそうです。
夕方に小型犬を連れたおばちゃんがフツーにペンギンの横を歩いてました。

ikedawan4.jpg
ほとんどの動物園が、ペットを連れての入場が禁止な理由の一つが
ペットから見れば信じられないぐらい巨大で強い動物にショックを受けてしまうから、と
聞いたことがあるのですが、案外そうでもないのかなあと思ってしまいます。


テーマ:犬の写真 - ジャンル:写真

■笹のお作法
sasaz4.jpg
ササを目指して興興(コウコウ/オス)登場!

sasaz5.jpg
ぐわーーぉーササだーーー

sasaz7.jpg
なんかしげしげと丁寧に眺めています。なんか、職人の姿っぽい。
竹細工職人、節目を確かめる、みたいな。

sasaz8.jpg
竹職人その2

sasaz6.jpg
竹食人。
7月のカレンダーにしたいような図。

sasaz3.jpg
暴走始まってます。

sasaz2.jpg
食べる手順としては、葉っぱを歯でぶちっと食いちぎっては口の端に集め、束にします。
で、ある程度たまったら…

sasaz9.jpg
ムシャムシャいただくと。
お行儀いいんだか悪いんだかよくわかりません。

sasaz1.jpg
いっぽうこちらは女子の旦旦さん。おしとやかにお座り。
背を向けて食べてる姿を見られないようにする奥ゆかしさ。
お客さんの前ででーーんとおっぴろげな興興とはえらい違いです。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ファイナルベント
mumusan1.jpg
王子動物園のアフリカタテガミヤマアラシ、ムムさん。女子です。
同居のリュウキくんとはラブラブ。
暑くて他の動物たちはぐったりな中で、ふたり寄り添って眠っています。

mumusan3.jpg
かしかししゃらしゃらさせてお互いの毛づくろい。
カピバラ同様、喉元の毛をナデナデされるとゴロンと行ってしまうこともあるようです。

mumusan4.jpg
そんな仲良しのふたりをパシャパシャ(この表現も古いな)やっていましたところ
リュウキくんがこちらにやってきます。
クールな前髪(たてがみが長く多い)がリュウキくんの特徴です。

mumusan5.jpg
そのタテガミが立ち上がってきてます。お尻の針も拡がってきています…あれ、これってもしかして威嚇…

mumusan6.jpg

                              きゃーーーー


間違いなく警戒されています。
いや、原因はシャッター音だと思うのです。
一回音が響く度に耳をピクリとさせたりすこしづつ体の位置が変わったりしていたので。
カンガルーやカピは間近で鳴らしても平気な顔をしていたのに
もしかしてあまり撮影されない?カメラ慣れしていない?
ズームで遠くから狙う方が良いのかな。
…などと考えているうちにスタスタと帰って行くリュウキくん。
mumusan8.jpg


mumusan7.jpg
「もう大丈夫。奴にはこのボクが警告してやったからね。」
「素敵、あなたって本当に頼りになるわ。」

(セリフは妄想です。妙に翻訳口調なのは仕様です。)


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■マックとお水
macmiz1.jpg
オスのアジアゾウ、マックです。
鼻先がモートの中に垂れていますが…

macmiz2.jpg
ちょっと溜まっていた水を狙います。首のへんの筋肉の盛り上がりが
がんばってる感じです。

macmiz3.jpg
コレは何をしているかというと、ひさしの上に溜まっていた水を発見したところ。

macmiz4.jpg
せっかくの水を鼻で落としてしまったところ。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ジャガーの眼
jaguar1.jpg
見下ろすジャガーと見入る子供…
なんかいかにも写真作品でございってな感じになっておりますな。

色々撮ってみたなかでこっち↓の感じの方が好き
jaguar2.jpg
ジャガーさんと子供たちの目線の先がいっしょ。

そんなに興味を惹く何がその先にあるんでしょうか。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■アイ・オブ・ザ・キャット
ooyamaneko1.jpg
引き続きシベリアオオヤマネコさん。
ものすごく興味津々に見つめております。
室内飼いのネコがお庭に鳩やスズメが来たのを発見したとき
こういう顔しますよね。

ooyamaneko2.jpg
顔だけでなく、全身で興味津々。

彼女の目線の先には、幼稚園児の団体。
色々と本能をくすぐる存在だったのでしょうか。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■だれどうぶつ
atui2.jpg
急激に暑くなってきた先週の神戸。さらさらロン毛が美しいアビシニアコロブスさんもぐったり。

atui1.jpg
                                             ひんやり。

atui3.jpg
ボブキャットさんも伸びきっております。

atui5.jpg
シベリアオオヤマネコさん。くたっとなっております。失礼してすこし角度を変えると…

atui6.jpg
足がこんなことに。

atui4.jpg
別の時に見たらこのように。ネコだなあ。

atui7.jpg
あっ…(汗

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■親子の肖像
oyazishohobeteran.jpg

warachibi.jpg

risutibi1.jpg

risutibi2.jpg


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■バレンタインさんのおすまい
valentine1.jpg
ボルネオオランウータンのバレンタインさん23歳。
なんとなくロックな写真ですが…

valentine2.jpg
おすまいはもっとロックな感じです。
面積広めですが、実はこの写真で見えているのは2階部分で、
この下にさらに1階分の空間があります。
この中を、あの大きい体からは信じられない身のこなしで自在に動き回ります。

このバレンタインさん、4月2日に男児を出産されました。
しかし授乳をしなかったため、人工哺育となりました。
最近この赤ちゃんが時間限定で公開開始。

類人猿の赤ちゃん、新生児が苦手な人のために
写真はREAD MORE以降です。








[READ MORE...]

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■要請グルーミング
ftz1.jpg
フクロテナガザルさん。
けっこう猿っぽいサルですが、お顔は可愛らしいです。
その分、名前の由来になったフクロを見るとちょっとショッキングかも知れません。

ftz2.jpg
王子動物園の展示場。
高さというか深さのある箱にふたりで住んでいます。
(ワタクシ、オスメスの区別はついていません。
そのうちつくようになったら口調をこっそり変えるかも。)

ftz3.jpg
うしろにいたひとりがやたらちょっかいをかけてきます。
「なあなあ、毛づくろいさせてよーなあなあ」「えーなんだよ急にー」

ftz6.jpg
「いいだろーなーなーさせてーさせてーーさせろーーーー」「わーーっなんだよーっ!」

ftz4.jpg

                            「アチョッ!!!」



ftz5.jpg
            「?????…………なんだったんだ、いったい!?」


ちなみにフクロテナガザルさんの袋はこちらでどうぞ。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■まだかな
mada.jpg
ごはんタイムは1時半からです。

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■新入り美男美女
lesser1_20090610192803.jpg
時間によって入れ替わるレッサーパンダ新入生ズ。
元気に木登りをしているのは…

lesser3_20090610192804.jpg
ウェブ上ではすでにサンちゃんという名前が付いております江戸川区自然動物園からやってきた
はっきり眉毛の美女レッサー。2006年7月10日生まれ。

現在三択で名前の投票受付中。

lesser4_20090610192804.jpg
こちらはズーラシアからブリーディングローンで来たガイア君。2004年6月10日生まれ。

lesser2_20090610192804.jpg
幼い顔立ちですが、今日で5歳の立派な男子。
眉毛小さめ。

いつも思うんですが、王子はよそから動物を迎え入れるとき
顔で選んでないか?

ところで、以前、ケープハイラックスとミーアキャットがいた小獣舎が工事中です。
新しい動物が入るのでしょうか。
pre1.jpg
ちらっと工事幕の内側を覗いてみると…

pre2.jpg
……プレさんかな?

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■近い近い近い
tooclose3.jpg
かなり盛大にワタクシの手などが写りこんでしまっていますが
ワラビーちびがカワイイので捨てがたい写真。
一応PLフィルター持ってるんですけどねえ。
装備してさあ来い!って時にはシャッターチャンスってやってこないものです。

tooclose4.jpg
悲しいぐらいどこにもピントが合っていませんが、味わい深いお顔が捨てがたし。

tooclose5.jpg
こんだけ目と鼻と耳の先でシャッター音響かせてもぜんっぜん気にせず
一心不乱にお手入れ。

tooclose6.jpg
あ、でもシャッター音は気にしないけど、フォーカスリングが回る音には
動きを止めて耳をそばだててました。

tooclose1.jpg
どーーん。

tooclose2.jpg
うわああすみませんすみませんと言いたくなるエミューさんアップ。
くちばしのレリーフがステキ。間違いなくアナタは恐竜の子孫です。
こんなお顔だけど性格はおとなしいのですよ。つつかれなかったし。
五月山で盛大につつかれたけど(UVフィルターつけといてよかった)、
あれはたぶん子供がいたからかと。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■アイドルを釣ってみる
pandachikai1.jpg
窓枠に置かれたリンゴ。釣られてやってくるのは…


神戸パンダの興興(コウコウ)さん13歳です。

pandachikai2.jpg
台の上リンゴやニンジンやクマクッキーやタケノコを置いておくと……


興興(コウコウ)・旦旦(タンタン)がまんまと釣れます。

pandachikai6.jpg
旦旦はタケノコを持ってすぐお気に入りのタイヤの方に移動してしまいましたが
体重測定に問題はなかったようです。

それにしても興興144kg旦旦93kgと、50キロもの差があるとは。

そういえば、運動場で寝ている興興……
pandachikai4.jpg

pandachikai5.jpg
そこには なにが はいっているんですか

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■朝のゾウ
macbow1.jpg
総入場者数が3500人だった5月30日(土)朝の王子動物園ゾウ舎前。
真冬ならまだしも、この光の中でのこの閑散っぷりはなんとも不思議です。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■忍術ネコ
manu3.jpg
忍者感を出すためか千社札風にマヌルネコ

manu8.jpg
こちら展示場内です。さて、どこに隠れているのでしょうか……?

manu5.jpg
ぐっと近づいてみると……

manu7.jpg
いました。毛と柄が岩肌の色と質感にそっくりすぎです。

manu6.jpg
この子は上野動物園出身のペッキーさんですね。

manu9.jpg
もう一度展示場全体の写真に戻って見直すと、潜んでいるのが確認できますね。

manu4.jpg
ペッキーさんは美人さんだなあ。ちょっと怒ってるというか…暑い?
でもいままでで一番可愛く撮れた(ワタクシ比)写真になりました。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■めくれるペリカンさん
periakubi1.jpg
王子動物園、水鳥の池にペリカンさんが増えていました。

periakubi2.jpg
             くわあーっ…とアクビ。

periakubi3.jpg
                 「くああ…… ぺとっ」              「?」
periakubi4.jpg
                  「ふああああ…」         「???」
periakubi5.jpg
                  「べろーん」         「!!!」
periakubi6.jpg
           「……!?!?!?」       何事もなかったかのように、去る。


おわかりいただけただろうか……
口を開けると同時に首のS字カーブに顎を思い切りおしつけて
くちばしのびらんびらんを裏返しているペリカンさん。
…これってペリカンではフツーに見られる行動なんですか?
裏返ったまま戻んなくなったらどうするんですか!?
あ、そういうときは水をくめばいいのか。
とりあえずなんか気持ちよさそうだなあ…と思いました。

ペリカンさんといえば池田動物園で以前トバリ(のカメラ)をぱくりと
やろうとしたペリカンさん。今回行ったときには同じカメラを向けてみても
無反応。少し悲しかった…
periakubi7.jpg
ちなみにこのペリカンさん、オスで名前はスモモ君。
最近待望のお嫁さん候補がやってきたそうです。よかったねえ。
池田動物園公式・飼育レポート  『新しいメンバー紹介!!』 

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■おイタの果て
ryouyou1.jpg
奥の部屋から覗いているのはエリザベスカラーのワオさん。

ryouyou2.jpg
バックヤード側から。
背中からしっぽにかけてキズかハゲがあるようで貼られています。
最初、夕方にこちら側でこの子に気づき、
昼はどうしてるんだろうとチェックしたのが上の写真。
まあ、元気そうなんじゃないかな。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ヤマアラシにゴハンをあげてみよう
chichi005.jpg
なんだかんだで更新が滞りがちですが、ようやくトリアスのマレーヤマアラシ母娘に
ゴハンをあげますよ!



ヤマアラシはゴハンを食べるとき、腹ばいになって、手…というか前肢、
なんか短い前肢で押さえて食べます。たまらん。
四つ足動物が手を使う姿はズルいです。
その場で食べるのではなく、ちょっと「持ち帰る」のもなんかカワイイ。chichi015.jpg


chichi004.jpg
芋をくわえたまま室内をぐるぐる走り回るムスメ。
ネズミだ…。盗人ネズミっぽい…。

chichi003.jpg
トリアスの子はバイオパークから出張している子たちなので、
いまは長崎バイオパークに戻っていると思うのですが、どうなっているかはわかりません。
ヤマアラシの群れについてはよく知らないので、チチさんやムスメが群れに入っても
受け入れてもらえるようになるのか、不明です。女子だからまだ大丈夫かなあ。

馴染んでいてもチチさんならすぐわかるかなあ。
いるとわかっても、他の(慣れていない)個体がいるヤマアラシの展示場に
手を差し入れる勇気はないなあ。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。