Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ウリ柄のカワイイヒト
sima.jpg
シマクサマウス。ただでさえ可愛いねずみさんなのにこの柄はどうしたことか。

スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■お父さんと娘さん


出目男さんとおちびちゃん。お互い興味津々。
ナミコさんにも余裕が出てきたようすが見て取れますね。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■対決!1575円さんV.S.レッサーパンダ
les1.jpg
いきなり負け!しかし、これだけでもレッサーパンダはかわいいなあ。
ちなみに「1575円さん」とは、ハードオフでジャンク扱いで購入した
フルマニュアルズームレンズ(80-200mm)です。

les6.jpg
お顔がキリリとしすぎていまいち可愛く撮れてない…。

les5.jpg
?匂いつけ?…いや、ヤブイヌじゃないんだから。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■可愛くて反則
les7.jpg
どこをどう取ってもかわいいだろうそりゃ、のレッサーパンダ。

les2.jpg
あそぼあそぼーと誘っているようです。

les9.jpg
プレイファイティングの始まり。

les8.jpg
ジャンプしてとびかかったり猫のようなパンチ合戦があったり
足で相手の胴をはさんだりと多彩な技が光ります。

les10.jpg
動画でどうぞ!



les3.jpg
このふたり、2008年生まれのきょうだいだそうで、そりゃ遊び盛りですなあ。

les4.jpg
市川市動植物園にて。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■市川のヤマアラカップル
ichiyama4.jpg
市川市動植物園のアフリカタテガミヤマアラシさん。

ichiyama5.jpg
この写真で外に寝ている、顔がピンクで、先が白く長いタテガミを持っているのがオスのハグさんで
屋根の下にいるのがメスのポッポさん。
ポッポさんは顔も黒く、タテガミは短めで黒いです。

ichiyama2.jpg
ハグさん。
王子動物園のアフリカタテガミヤマラアシ夫妻は顔の色はムムさん(メス)にピンクのヌケがあって
リュウキ(オス)は黒でこことは逆。タテガミはリュウキも長く白くて立派です。
2例だけなのですが、タテガミは雌雄で違ったりするんでしょうか。
他の動物園ではオスメスの区別がつかない状態で見ることが多いので
その辺り未確認です。

ichiyama1.jpg
ゴハンまーだーと扉をガシガシげしげし激しく掻いたり噛んだりしているのは
ポッポさん。

ichiyama3.jpg
その後ろでウロウロしているのがハグさん。ちょっと気弱な感じに見えてしまいます。
そう思って前半の写真を見れば、ポッポさんに屋根付きの小屋を独り占めされていたということなのでは…

こうやってあらためてみるとやっぱり京都のアフリカタテガミヤマアラシ剥製
馴染みのヤマアラシとはちょっと違う気がますますしてきます。

そういえばヤマアラシを見ていた親子。
親が「すごいなーヤマアラシ、こわいなー強そうだなー」と言うのを受けて
子供の方が「でもライオンより強いなんてことはないよね!」という会話を交わしていました。

いやいやいやいやいやいや。

その辺語りたくて親子の後ろでウズウズしていた我々。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■京都のヤブイヌさん
yabu3.jpg
ヤブイヌがかわいいのは日本犬の子犬っぽさとタヌキっぽさだと思いました。
ちなみに日本犬の子犬っぽさは正面から見たとき
タヌキっぽさは横から見るとよりそれっぽく見えます。

yabu4.jpg
でも口が開きすぎてちょっとこわいぞ。

yabu2.jpg
ここの2頭はズーラシア出身。
小さい獣舎かと思いきや、通常サイズの獣舎横四つぶんを2頭で使っていました。
その横長の展示場内を走る走る、追いかけっこする、コンクリのトンネルをくぐるくぐる。

yabu5.jpg
仲良しです。

yabu1.jpg
逆立ちマーキング。他に高速後退(撮れなかったけど)も披露。
京都市動物園で一番長く見ていたのがヤブイヌでした。

yabu6.jpg
マーキング場所は決まっている模様。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■美都さんに会う
mitosan1.jpg
京都市動物園のアジアゾウ「美都(みと)」さんです。
マレーシア出身、38歳ぐらいの女性。

mitosan2.jpg
体は丸めで、ズゼに似た見慣れた体型。
ズゼより900キロほど軽く、足はすらりと長め。

mitosan3.jpg
美都さんはかわいいですヨ。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■京都にてヤマアラシ
kyotoyamaara1.jpg
京都市動物園には、生きているヤマアラシがいませんでした。
かわりに標本展示室で見ることが出来る剥製。

kyotoyamaara3.jpg
…ってアンタ誰!?

知っているアフリカタテガミヤマアラシと顔がどこか違います。
すごく獰猛っぽい。ゲームのモンスターみたいですよ。トゲもなんか多いし…

いつも見てるのは眠そうな目なので実はパッチリさせるとこんな感じ?

kyotoyamaara2.jpg
せっかくの京都なので嵐山とヤマアラシをかけてタイトルを作ろうかと思ったのですが
京都市動物園と嵐山は関係ないしヤマアラシは山嵐でなくて山荒だし。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■サンタが水槽にやってくる
kaiyuukanyoru5.jpg
海遊館・順路始まり部分にある記念撮影用モデルじんべい君。
クリスマス仕様ですが少し無理矢理な感が。

kaiyuukanyoru11.jpg
太平洋水槽。巨大すぎてなんだかわからないリアルジンベイ。
リアルジンベイは帽子をかぶってはいませんが…

kaiyuukanyoru6.jpg
クリスマス気分を盛り上げるサンタダイバーは泳いでいます。

kaiyuukanyoru8.jpg
袋の中にボンベを隠し、布をまとうと動きにくいのではないかと思うのですが
がんばって水槽内を泳いでいます。

kaiyuukanyoru12.jpg
サメに給餌するサンタダイバー。

kaiyuukanyoru13.jpg
マンボウにも給餌するサンタダイバー。

kaiyuukanyoru9.jpg
うっかりエイを踏みそうになるサンタダイバー。

kaiyuukanyoru10.jpg
観客へのサービスも忘れないサンタダイバー。(ありがとうごいざます。)

kaiyuukanyoru7.jpg
ちなみにワタクシは「ダイバーさんがサンタの格好をしている」という意識で見ていたのですが
うしろで見ていたおばちゃんが「見てみて、サンタさんが魚にエサやってるでー」と言うのを聞いて
感じ方の違いにちょっとビックリ。
夢のない自分にちょっとガッカリ(嘘)。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■夜の海遊館
kaiyuukanyoru1.jpg
夕方5時以降の海遊館内は照明が落とされ、少し雰囲気が変わります。
写真はおやすみ中のラッコ。地上で眠ることは野生ではあり得ないそうですが。

kaiyuukanyoru2.jpg
小さい魚が群体を成して右に左に素早く移動していました。太平洋水槽全体が
ザワついているなと思っていたら張り切っているハンマーヘッドなヒトが
魚たちを追いかけ回しています。

kaiyuukanyoru3.jpg
キュビエムカシカイマンというワニ。
闇の中で微動だにせず。

kaiyuukanyoru4.jpg
ちなみに水中ではこんな感じ。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。