Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■1ヶ月ヤマアラシちびのお食事
yama100813-20.jpg
生後一ヶ月のアフリカタテガミヤマアラシちび。
授乳中ですが固形物も食べます…食べようとしています。

yama100813-21.jpg
ふたご、がんばってキャベツを囓ろうとしています。
それにしても小さい。キャベツの葉っぱ一枚で包めそうです。

yama100813-22.jpg
んー、でもいまひとつというか全然葉っぱを削れていないというか
ヤマアラシは食事の際、前肢で挟んで固定するのですが、そのやり方がまだわからないのか
直接アプローチしようとして葉っぱが逃げる、てな感じになっているようです。

yama100813-23.jpg
ふたりとも必死、力が入るせいかトゲも立ち上がっています。なんか全体的に、虫っぽい。

yama100813-24.jpg
がんばってるけどまだまだ。

スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ヤマアラシのちび、生後1ヶ月
東武動物公園では2010年7月6日にアフリカタテガミヤマアラシの赤ちゃんが生まれました。
撮影時1ヶ月と1週間に会いに行った時のようすです。

        お母さん↓
yama100813-15.jpg
                                                             ↑赤ちゃん


…ってちっちゃい!
アフリカタテガミヤマアラシはヤマアラシの中で最大で、囓歯目の中でも大きい方に入りますが、
ちびはモルモットよりまだ小さいぐらい。
でもいっちょまえに針が生えていて、オトナをそのままミニサイズにした風でとてもカワイイです。


yama100813-16.jpg
しかも双子です。予備知識としてなかったので、ちっちゃくていモゾモゾ動く子たちを
初めて見たときには卒倒するかと思いました。

yama100813-14.jpg
がんばって毛づくろいなど。オトナと同じで尻尾の中心部分には太い針が、それを覆うように
腰ミノ状に細くて長い針が取り巻いています。

yama100813-17.jpg
そして授乳。

yama100813-12.jpg

yama100813-11.jpg
小さいけれどはっきり形作られた耳たぶ、しっかりとした爪、そしてまだ伸びきっていないタテガミの部分が
そこだけやや色が薄めで茶色く見えています。

yama100813-13.jpg

yama100813-18.jpg
屋内通路側から近い場所での授乳だったので、肉眼で見る分にはいいのですが
ガラス越しにのぞき込むように撮影するのはガラスのゆがみや映り込みが出来るのでけっこうタイヘンです。
お客さんが次々来るので長々陣取るわけにはいかないし、お客さんが途切れるまで待っている
その屋内通路が風通し悪く暑くて死にそうだったり…。(でも離れられない。)

yama100813-19.jpg
次回エントリもちびたちが続きます。



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ヤマアラシの若
yama100813-06_20100917215507.jpg
東武動物公園、昨年12月2日に生まれたヤマアラシの若、撮影時8ヶ月半。
成長が早い囓歯目とはいえ、まだ大人よりひとまわり小さいです。

yama100813-03_20100917215507.jpg
左上が若。

yama100813-04_20100917215506.jpg
もっとわかりやすい大きさの比較。全体的にきゃしゃこいですね。

yama100813-05_20100917215505.jpg
お顔アップ。

yama100813-07_20100917215505.jpg
警戒心がまだ強めです。大人は比較的落ち着いているのですが、若はちょっとの刺激でも
ビクッとなる感じ。お食事中ですがちょっと針が開き気味。

yama100813-08_20100917215504.jpg
さらに開き気味……

yama100813-09.jpg
耐えきれずにばさーーっ。まだ針が細いですね。

yama100813-10.jpg
しかしそんなに緊張して食事しなくてもいいのでは。


東武動物公園のヤマアラシ、しばらく続きますよ。(撮った枚数で言うとカピバラより遙かに多…イヤナンデモアリマセン)


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■掴めない光景
IMGP9965.jpg
いつもの猫だまりのある公園のある場所、日没まで数時間という時、池の水面に反射した日の光が
木々の奥まで光を投げかけ、あたりの景色が金色に輝く瞬間があります。

IMGP9968.jpg
初めてその時間に出くわしたときは非現実的な光景にしばし立ち尽くしてしまったのです。
以来、数回狙っているのですが、全然まったくその光景を収めることは出来ていません。

IMGP0012.jpg

IMGP9940.jpg
見たままの風景を見たままの色と雰囲気で再現するにはまだまだ修行が必要なのか…

テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

■サンシャイン2010
sunshine02_20100901204036.jpg
2010年9月から改装のための休園に入るサンシャイン国際水族館、お盆に行って参りました。
思い出のある旧館の様子を最後に見ておこうと思ったわけですが。

sunshine04_20100901204035.jpg
しかし実際に行ってみてその展示規模の小ささにびっくり。
大きな水族館を見慣れたせいもあるでしょうが、記憶の中では凄く立派な水族館だったのですよ。
海遊館に匹敵するぐらい。いやほんと。

sunshine03_20100901204035.jpg

sunshine08_20100901204034.jpg
見に行って、改装に激しく納得したわけでした。

sunshine09_20100901204033.jpg
ギャラゴとは、俺のことかとガラゴ言い。

sunshine06_20100901204033.jpg
特別展示の"透明標本"。

sunshine07.jpg

sunshine18.jpg
トマトガエルさん。

sunshine16.jpg
スナイソギンチャク

sunshine17.jpg
コンビクトブレニー。うねうねと固まっててコワかったのですが伝わりませんね。

sunshine14.jpg

sunshine13.jpg
ミナミコアリクイのタエちゃんが脱走した際に潜伏していた床。
今までは特に意識していなかった場所だけれど、あの事件のおかげで
今回の撮影ポイントに。

ちなみに水族館メインから出た後の動物ゾーン(カワウソ、ペンギン、マーラ、ミナミコアリクイ、ペリカンなど)がここから始まるのですが、こっからの方が、水族エリアより滞在時間と撮影枚数が上となりました。


テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。