Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■チョコミント2011年5月(お昼寝編)
IMGP9103.jpg
とべに続いてコツメカワウソ。池田動物園のコンビ、チョコ丸くんとミントちゃん。
まずは睡眠編。この写真に二頭とも写っているのですがお気づきでしょうか。
左下の方…。実はこの二頭の間には間仕切りがあります。左がチョコ部屋、右がミント部屋となっているようですが、上がツーツーなので行き来は自由です。でも寝るときはそれぞれのスペースなのですね。

IMGP9108.jpg
手前がチョコ丸くん、奥がミントちゃん。

IMGP9121.jpg
チョコ丸くん起きました。

IMGP9155.jpg
ミントちゃんも。

IMGP9146.jpg
奥歯まで大サービスの大あくび!(ミントちゃん)

IMGP9154.jpg
そしてキリッ。この不敵な笑み、いかにも遊び好きなコツメのお顔です。

IMGP9136.jpg
そして、謎のポーズ。つかまり立ちしたりよじ登ったり金網を有効利用するミントちゃんですが
これ、何?

IMGP9324.jpg
そしてまたうつぶせで眠るチョコ丸くん。

IMGP9213.jpg
一方、ミントちゃん。

IMGP9214.jpg
…………なんか落ちてます。

IMGP9191.jpg
ヘソ天はまだしも、なぜ左前肢が金網を掴んでいるのか………………


スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■とべカワウソ舎(その2)
IMGP10145.jpg
飛び出すアクリルトンネルの中でご機嫌でガジガジしているマサちゃん。

RIMG2021.jpg
ギャラリーの注目を一身に浴びています。

IMGP10129.jpg
めちゃめちゃ見られてます。

IMGP10137.jpg
全然気にもとめていません。むしろこの竹が!竹が!たのしいいい~~!

IMGP10164.jpg

IMGP10179.jpg
そんなお顔を激写されるマサちゃんの図。

RIMG1969.jpg

RIMG2000.jpg
夢中。小石もこんなところに。

RIMG2022.jpg


動画。ひたすらわきゃわきゃします。

IMG_9505.jpg
あんまり長持ちしなさそうだなあ…

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■とべカワウソ舎(その1)
IMGP10183.jpg
5月のGWにとべ動物園でかわうそ新展示場を見てきました。
とべはカワウソ(ニホンカワウソ)がマークになっていますが、カワウソ自体は飼育展示しておらず
今回ようやくの新設となったわけです。

全体像を見るとおわかりのように、けっこう大きめ。
左の少し曲がった辺りからはアフリカタテガミヤマアラシの展示場です。
手前に突き出しているのは流行りというか、スタンダードになりつつある飛び出すカワウソ施設。

この日小雨がぱらついていたため、暗めの写真なのはご容赦

IMGP10184.jpg
角度を変えて。地面が目の高さ、水中の様子も観察可能です。
見切れていますが、右側に薄暗い小部屋をのぞける小窓もあります。
オープンから間もないので飼育員さんによる手書きの情報看板はまだでしたが
そのうち個体情報など楽しい掲示が貼りだされることと思います。

IMGP10072.jpg
一枚目の写真の右側、展示場の側面はアクリルガラス無しの池付きお庭。
飼育員さんたちに隠れていますが、高低差や草地など変化に富んだレイアウトになっています。

IMGP10076.jpg
みんなが夢中で見ているのがこの展示場の主(まだ一頭のみ)、マサちゃんです。
徳山動物園2009年7月8日生まれのフク・ヤマ・マサ・ハルきょうだいのひとり。
ちなみにヤマちゃんは池田動物園に行ってミントちゃんになりました。
前日は池田にも行ったので、徳山きょうだい連チャンです。

フク・ヤマ・マサ・ハルについて詳しくはこちら→
「コツメカワウソの「ハル」がデビューしました」
(かわうそ専門サイト カワウソス(´・ω・) [カワウソはペットではありません]2010年12月12日附)

で、そのマサちゃんは…

IMGP10098.jpg
                                   んでーん。

RIMG1950.jpg
                      ドンゴロス大好き!わきゃわきゃ!!

IMGP10118.jpg
お庭部分でわきゃわきゃ!(たぶん葉っぱが楽しいところ。)
…うん、ミントちゃんのきょうだいだね……(笑

次回はアクリルトンネルでわきゃわきゃするマサちゃんのようすをお届けします。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■野望達成
IMGP8870.jpg
エボシドリさん。神戸花鳥園のオオハシゾーンにはエボシドリ、ハイイロエボシドリ、ニシムラサキエボシドリも同居しています。しかし生来警戒心が強いのか、オオハシさんたちに遠慮しているのか、エサカップを求めて腕に乗ってきたりはしません。晩餐会にも参加してる様子もありません。

IMGP8875.jpg
毎回、隅っこの方でじっとしているエボシドリさんのところに行ってカップを差し出すのですが、全く無視。
気にする様子もナシ。カップのフルーツがお好みのものではないのかも知れません。

しかし一回だけ、ニシムラサキエボシドリさんが腕に乗った事があるのでその動画を。
ヒムネオオハシ、ニシムラサキエボシドリ、オニオオハシの順です。
嘴が短い(というかフツー)なので、オオハシさんとは食べ方が違いますね。



オオハシさんの豪快さに較べると慎ましやかですが、まあ、その辺りも変化があってよろしいのではないでしょうか。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■カキイレドキ
IMGP8777.jpg
5月1日連休まっただ中の神戸花鳥園。とにかく人が多く、うっかりすると他人様の顔が入りまくってしまうために公開出来る写真があまり…。これも手前にいる人の頭が…。

IMGP8840.jpg
オオハシさん腕乗せゾーンもお客さんが多いためにおなかがいっぱいになる子が続出、
ゴハンを売る係りの人が「めんどくさがって腕には載ってこないかも知れません」と断りを入れる始末。

IMGP8880.jpg

IMGP8817.jpg
しかし逆に体が大きく押しも強いオニオオハシさんが引いている分、ふだんは遠慮気味な他のオオハシさんやエボシドリさんに乗って貰うチャンス。ということでいじましく拾い食いをしていたシロムネオオハシさんをナンパ。

IMGP9012.jpg
ヒムネオオハシさんやシロムネオオハシさんは乗ってくれましたが同居しているエボシドリさんたちはいくら誘ってもダメでした。

IMGP8829.jpg
オオハシベロ。こんなんですが食事時には器用にゴハンを口中に送り込んだり味覚も感じることが出来るそうです

IMGP9010.jpg
さて、以前も紹介したオオハシさんの晩餐会。閉園間近のゴハンタイムです。
5時半閉園寸前に見ることが出来ます。オススメ。

IMGP9009.jpg
ここでも力関係が。オニオオハシさんに遠慮しているオオハシさんが見えますね。

IMGP9011.jpg
「やー疲れたなー」「いやー今日は多かったな人間」「明日からはもっと多いらしいぜ」

IMGP9005.jpg
残り物の販売用えさカップをくすねるシロムネさん。ちゃっかり賢いけど、ちょっといじましい……

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■急だとやっぱり驚きます
IMGP8902.jpg
前回エントリの続きのような画像。オスから逃げるキンケイのメス。

IMGP8950.jpg
こちらもメスですが、見比べると分かるように、かなり色が薄いです。
アルビノでもなさそうですが体型も柄もほぼいっしょ、色白なだけです。
これ、オウゴンキンケイのメスなんだそうです。一枚目のはキンケイのメス。

IMGP8932.jpg
比較出来るようにキンケイ(左)オウゴンキンケイ(右2羽)のスリーショット。
奥の1羽、なんだかポーズが気になります。

IMGP8933.jpg

IMGP8934.jpg
                                        ぽん!

RIMG1595.jpg
思わず見に来るもうひとりのメス。予想してなかったのでビックリしました。卵を回収に来たスタッフさんによると、きょうはこれで3個目だそうです。

ところでオウゴンキンケイのオスはどんなんだろうと思っていたのですが、そもそも存在を知らなかったので写真がありません…。1枚目に写っている胴体の赤いのはキンケイのオスで、オウゴンキンケイオスはもっと明るい色らしいです。次行くときは意識して探そう…。

掛川花鳥園公式ブログ: ふれあいの小道に仲間入り オウゴンキンケイ

オウゴンキンケイ、オウゴンにキンってしつこいのではないかと思ったら
漢字では黄金錦鶏だそうです。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■恋の季節
IMGP8743.jpg
鳥たちの恋のアピールは色々あって、優しいもの、奇抜な物、強引な物など…

IMGP8739.jpg

IMGP8937.jpg
強引と言えばガンカモ系がかなり。

IMGP8938.jpg
オスの目つきがヤバ気になり、メスを強引に押さえ込もうとします。

IMGP8885.jpg
ここでもやたら追いかけ回されるメスが…

IMGP8887.jpg

IMGP8888.jpg

IMGP8891.jpg

IMGP8892.jpg

IMGP8894.jpg

IMGP8897.jpg

IMGP8899.jpg
……どこまでいく気なのか

IMGP8904.jpg
奇抜で強引なアピールのキンケイさんも恋のシーズン中です。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■上野動物園ヤマアラシガイド
上野動物園では3種9頭のヤマアラシを見ることが出来ました。すべて西園です。
まずは必見のカナダヤマアラシ。
東園カピバラ・ラマ・バク展示場当たりからモノレール駅を右に見つつ歩いて西園に向かい「いそっぷ橋」を渡り降りるスロープあたりで…

IMGP7263.jpg
巨大ランブータンがなっています。もといカナダヤマアラシ。

IMGP7254.jpg
巨大な毛虫っぽい……

IMGP7258.jpg
どうなってるんでしょう、細い枝の上で安定感抜群におやすみ中

IMGP7270.jpg
こちらは見るからにいい寝場所であります。むさむさふわふわ、でもさっくりと刺さるよ。

IMGP7273.jpg
こんな感じで。ナイス展示。

カナダヤマアラシさんはもう一カ所、小獣館の地下へ降りるスロープでも見ることが出来ます。

IMGP7401.jpg

IMGP7408.jpg
小屋でお休み中。運良く動いているとのぞき込む形で近くで観察できるのですが(こちらの記事

IMGP7354.jpg
「なかよし広場」にいるマレーヤマアラシさん。木には登れないので、樹上のハクビシンさんと同居。
ハクビシンさんのお食事というイベントタイムには活発に動いてくれるらしいんですが…

IMGP7355.jpg
なかよくぐっすり。かわいいお顔が見えません…。

IMGP7376.jpg
カッコいいアフリカタテガミヤマアラシさんはオオアリクイの隣り。
しかしこの一帯はツチブタさんの強烈な匂いに支配されていて、ヤマアラシ臭がわかりません。
ツチブタの匂いはハシビロ様の辺りですでにしていたので、いかにすごい匂いなのかと。


テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。