Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■リュウキくん+ムムさん
mumuryu8.jpg
左ムムさん、右リュウキくん。
なんと今回はマウンティング(交尾の動作)を動画で納めることが出来ました。
日は奇しくもバレンタインデー!王子にもちびヤマアラシがやって来る日が来るのでしょうか!

飼育員さんによると、実際このふたりは相性が良くて、
交尾行動はかなりの頻度で見られるのだとか。
多いのは朝イチ、運動場に出した時だそうです。
寝室が別々なのが関係してるんでしょーか。
寝室が同じだと離婚率が高いとかそういうハナシも漏れ聞きますが
その逆ってことでしょーか。

まあ基本的に相性が良くないと交尾は不可能なわけなのです。
ヤマアラシの場合は特に!
メスが主導権を握り、積極的に振る舞わないと
オスが何も考えずに突進したら、それはまああそりゃまーエラい目に遭ってしまうわけで。

動画でも確認できますが、後ろに向いている針を広げ
しっぽをあげてお尻も持ち上げて体は低くして受け入れ態勢を取っています。



しかしこうやって協力的であっても、ヤマアラシのメスの膣口には普段は薄い膜が張っていて
ベタな言い方をすれば天然マイ○ーラみたいな…およそ一ヶ月に一回は
開いているのだそうですが、そのタイミングでないと受精には至らないのだそうで。
二重三重の困難がつきまとうヤマアラシの繁殖。
しかも、テンジクネズミの仲間でありながら生まれる子の60パーセントが1子、最高でも3子まで。
囓歯目の繁殖って、産めよ増やせよ地に満ちよなイメージなので意外に思います。
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neighboringwild.blog62.fc2.com/tb.php/218-42fb5df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。