Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■白い丸
hakka1.jpg
以前からウチの周囲でよく鳴きよく飛び回る鳥さんがいるのです。
カラスよりは小さく椋鳥よりは大きい、真っ黒な姿で特徴的なのは
飛んだ瞬間にその羽に浮かぶ鮮やかな白いスポット。

hakka2.jpg
鳴き声も特徴的というか多彩で、ピョウ、ピョウ、やチチチ、ピピピ…といった可愛らしい声から
ビヨッビヨッビヨッ、ギュロリギュロリといったよく響く声まで。
野鳥図鑑で調べてもわからず。あれだけ特徴のある姿なのですぐにわかりそうなものなのですが。

そしてヒョンなコトから判明したその鳥の名は「ハッカチョウ」。

hakka4.jpg
野鳥図鑑に載っていなかったのは「外来種」だったから。江戸時代からその鳴き声が珍重され輸入された鳥なのだそうで、籠抜けが繁殖しているのだとか。
野鳥図鑑に載っていなかったのもつまりはノラ猫は野生動物ではないという理屈なのですね。

hakka6.jpg
ハッカチョウではなく「八哥鳥」と書けばその字面に見覚えがある向きもあるのではないでしょうか、そういえば”八哥鳥図”という絵を学生時代のどこかで習ったようなおぼろげな記憶があるような。

何種類かの鳴き声を持ち、確かに楽しいと思うのだけれどボリュームが基本デカイので、お部屋の中で鳴かせるには向いていない気がします。大きなお屋敷の離れたどこかで鳴かせて主人がふと耳を傾ける、とかそういう聴き方をしたのではないかと。
それではその辺を飛び回っているのを聴くというのは聴き方としては案外ちょうどいいのではないか。限定的・雅ライフ。

haklka3.jpg
カラスや鳩にも追い回される姿を目にするけれどしぶとく今日も飛び回っています。
飛んでいるのを見たら白い丸に見えるけれど、実際には帯なのですね。
スポンサーサイト

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neighboringwild.blog62.fc2.com/tb.php/292-a3c4685e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。