Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■雨の日にキノコを見に行った
kinoko4.jpg
11月1日日曜日、王子へ向かっていたところあまりの雨のため、行き先変更して大阪へ。
大阪市立自然史博物館(以前ホネをやっていたところ)で開催中の
「きのこのヒミツ」(第40回特別展)に行ってみました。
(11月3日に終了しました。)

kinoko1.jpg
展示標本は凍結乾燥標本・樹脂包埋や樹脂浸潤標本、実物大模型、巨大化模型などなど…
他に熊楠の菌類図譜など図像の展示も充実。
標本は撮影可だったのですが、ホネの時と比べて入場者が多く、
閉館前に列のとぎれを見て駆け足で撮影。そのために久々のAFメイン。

kinoko2.jpg
          思わず笑った解説。↑ 

kinoko5.jpg
しかしこうやってまとめてキノコを見ているとそのカタチの不思議さ多彩さに圧倒されます。
地味に展示しているスタイル何ですが、見てると楽しくて仕方ないのです。

kinoko6.jpg
前後左右特にスゴイキノコマニアというわけではなさそうな人ばかりでしたが
みんな表情も声も楽しそうでした。

kinoko7.jpg
成長→融解の段階ごとを標本化したヒトヨタケ。すばらしい。


kinoko8.jpg
冬虫夏草はやっぱりこわいぞ。

kinoko3.jpg
ツチグリ…の巨大模型。(布製。)おしゃれすぎる。
他に子供の背丈ほどのベニテングタケやヒトヨダケもあって記念写真も撮れます。
巨大キノコは「茨城県自然博物館蔵」とあり…って収蔵品かいっ。
見たことのない博物館ですがそれだけで高い好感度。
スポンサーサイト

テーマ:きのこの写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neighboringwild.blog62.fc2.com/tb.php/355-2b43b112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。