Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■新レンズ導入!
kouen04-7.jpg
…とか言うとまたハードオフでジャンクレンズ拾ってきたんだろうぐらいにしか思われないかも知れませんが、今回は違います。
ハードオフじゃなくてカメラ屋のジャンクワゴンからレスキューしてまいりました。えへん。

kouen04-8.jpg
XR RIKENON 135mm/f2.8という、リコーの単焦点マニュアルレンズです。
リコーは最近はマニア絶賛のコンデジなどを発売しているメーカーですが、35mmフィルム一眼を出していた事もあったのですね。その時代のレンズ。この焦点距離は欲しかったので見つけたときは狂喜、しかししばし待てと入念にチェック。

kouen04-9.jpg
で、実は後玉(ボディ側)にカピがあったのですが(↑はマウントをはずしたところ)眺めて確認したところ、内側らしい。これがレンズ貼り合わせ部分だったらワタクシの技術では無理…でも表面だったら(浸食されていない限り)清掃できるカモ。清掃できなかったらただのオブジェ、出来たらf2.8は魅力…と悩んだ末、1050円で購入。

kouen04-10.jpg
結果!
台所用洗剤で拭いたら、跡も残さずカピは消えました。
ということで一枚目、うれしがってバカみたいに開放の写真。清掃する前の写真も撮っておけば良かった。
で、いろいろ撮ってみたものたち。

135-5.jpg
色合いが実に好み。

135-6.jpg
ピントが合ってるとこはくっきり。開放から使える、と言うヤツ。

135-3.jpg
王子動物園のシロフクロウ。抱卵中で警戒心が超強い時期です。
夕方のネズミタイム。

135-1.jpg
135ミリがほしかった理由。王子動物園で展示場の奥にいるカピバラを撮るとき、実にぴったりの画角が得られるのです。

135-2.jpg
作例はすべてノートリミングでお送りしております。

135-4.jpg
50mmのレストアさん、80-200mmの1575円さんと並ぶ主力レンズになりそうな予感がしております。
しかし昔のレンズゆえ、どれもぎっちりずっしりガラスのレンズが詰まっていてしかるに重い。
そして落とすと一巻の終わり。

最近しかしこんなのばかり使っているせいかマニュアルでフォーカスを合わせるのが
とても速くなって参りました。
時代に逆行するスキル上げてどうするのかしかし。


スポンサーサイト

テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

すごいですねえ!!
マニュアルフォーカスとか、やったことないですよ!
写真がとても美しく、しっとり「リアルカピ」の色合いで・・・
カメラ使いの弟子にしてください・・・
【2010/05/14 11:52】 URL | カピバラリ #JalddpaA [ 編集]


>カピバラリさん
いや、まあ…ピシッと素早く薄暗いところでもピントが迷わないような
明るいレンズを持ってればこんなコトはたぶんしなかったりするわけでしてー
(するかな?)
でも、カッチリハデな色彩よりはやや薄めの色が好きではあります。
【2010/05/14 22:13】 URL | capybaraengineトバリ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neighboringwild.blog62.fc2.com/tb.php/431-18bcc9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。