Neighboringwild/ごきんじょワイルドさん
カピバラモータース別館。動物園・猫・犬・鳥「ご近所にいる野生」を写真と動画と文章で扱うブログです。
 アバウト

トバリ(カピバラエンジン)

Author:トバリ(カピバラエンジン)
あらゆる動物などを扱って参ります。
カピバラモータース別館。
magnathsisters
(@)gmail.com

 最近の記事

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 リンク

このブログをリンクに追加する

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 ブログ内検索

 RSSフィード

 友達申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ナマイノ
ino1.jpg
猪足。

ino2.jpg

ino3.jpg

ino4.jpg
さらに引くとこんな感じ。
富山市ファミパが日本の野生動物に力を入れてることがわかる広い展示場。

ino5.jpg
イノさんは目が優しくてカワイイのだが、やはりナマで会うと恐い。
ちなみにワタクシがナマで見たことがあるのは、
新神戸駅前(神戸市中央区)のロータリーを横切っていく姿でした。
一時期より減ったけれど、住宅街にも出没するのです神戸市。

ino6.jpg
リュウキュウイノシシさん。ニホンイノシシより小柄。カピぐらい。
こっちは安心して見られるかな。いや、ナマはダメですけど。


ino7.jpg



テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■ファミリーパークのお薦め
coccoo1.jpg
ファミパ的にはもしかしたら不本意になるかも知れませんが、
我々の一番感嘆した施設がこちら。ニワトリ舎。

coccoo2.jpg
展示のメインはずらりと居並ぶ日本鶏(にほんけい)33種!(と、その原種たち。)

coccoo3.jpg
おなじみの白色レグホン(またはそれっぽいの)やら
若冲の絵から飛び出してきたようなのやら(すみません詳しくは知らないんです)
姿・形も様々。
ただ数を集めているだけでなく、輸入され改良を経て日本鶏として作り上げられてきた鶏たちの
変遷・傾向や歴史(例えば「小国」という気性の荒い鶏の渡来により闘鶏が盛んになった、とか)が
わかりやすいような展示になっています。

coccoo4.jpg
動物園の展示というよりコレクションと呼んでみたい量と質。
わかりやすいお馴染みの比内鶏や烏骨鶏、軍鶏などに並び
聞いたことがなかった、しかし格調の高い名称の鶏たち(「赤笹越後南京軍鶏(あかざさ
えちごなんきんしゃも)」とか)もずらりと並びます。

coccoo5.jpg
時間があまりなかったので、ゆっくり丹念に見る事が出来なかったのですが
こんな素敵な施設があまりプッシュされていないのが残念。
いや、まあ確かに渋いというか地味というか動物園というより畜産試験場?みたいというか……
とりあえずあんまり子供は喜ばないかなぁとか。

でもまあ、ファミパご訪問ご訪問の際にはぜひチェックを。



coccoo6.jpg
ちょっと罪悪感の湧く展示。

撮影しなかったけれど、「鶏の番付表」が貼ってありました。
何を基準に作ったんだろう?と思ったのですが、人気投票の結果によるものらしいです。

参考:富山市ふるさとメール第218号(2006年8月18日発行)

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

■う●こ研究室
obenkyo1.jpg
富山市ファミリーパークの「自然体験センター」に展示されている飼料の数々。
これはお馴染み鉱塩(岩塩)。
製造・天津全薬動物保健品有限公司、販売は日本全薬工業(福島)。

obenkyo2.jpg
こちらは固形飼料各種。
ファミパのお勉強サイドです。

ファミパは敷地が広大で、現在工事中であったり、ひたすら道
(山奥の、いい気で歩いていけば途中でとぎれてしまうような感じの道)というのが
けっこう長めにあるのですが、そこにはぬかりなく楽しいパネル展示や手作りの設備が
道沿いにあって退屈しない上に為になるようになっています。

obenkyo3.jpg
これとか

obenkyo7.jpg
こんなんとか。

そしてこれ。
obenkyo4.jpg

obenkyo5.jpg
「うんこ実験室」ですよ。しかも金色!
これほどまでにコドモの心をわしづかみにする物がありますかあなた。

obenkyo6.jpg
中には樹脂で固められた、糞の内容物が隠されています。
虫の残骸と種とかを見てナニを食べているか知ろう!という企画です。素晴らしいです。

[READ MORE...]

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■鳥籠と螺旋階段
birdcage3.jpg
いきなりべーんと現れる巨大バードケージ。名称は「バードハウス」

birdcage2.jpg
中央に見える円筒形の建物が展望台の役割を果たすタワー。


[READ MORE...]

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

■里山の動物園
kamosika1.jpg
富山市ファミリーパークは「日本で唯一の里山を利用した動物園」なのだそうです。
一回行っただけでは山の傾斜にある動物園との違いがいまひとつ
わからなかったのが残念でした。
ただ、造成をあまりせず、山の自然そのままを利用している施設が多いと感じました。
たとえばニホンカモシカの展示場。

kamosika2.jpg
フィールドをフェンスで囲っただけ、です。
一応見やすいような工夫はしつつも、その敷地自体が広大なので
しばらくカモシカさんを探さねばなりません。
(2頭いるハズだけど1頭しか見つからず。)

kamosika3.jpg
なんか、入っちゃ行けない施設の回りをうろついているみたいな図。
ちょっとわくわくしてしまいます。でも、ベビーカーのヒトとか無理だなあ。

kamosika4.jpg
この築山は人工物だと思われます。これがあるから割と近くで見られます。

kamosika5.jpg
ニホンカモシカさんは全身を見ると勇壮なお姿ですが、お顔だけ見るととてもカワイイ。

kamosika6.jpg
3,2,1…チラッ!
…じゃないけど。カメラ目線。
実は構図に気を遣わないと、むこうでやっている新オオカミ舎の工事現場が
見えてしまって残念な結果に。いまは完成したのでどこから撮っても大丈夫かと。





テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。